Kindle以後ノート(19):自由と制約

時に「固定レイアウト」という言葉に強い違和感を覚えることがある。そもそも文字とレイアウトとの堅固な関係を発見し、実体化するのが「出版」ではないかという、活字時代の旧い教義を思いだすからだ。出版においてレイアウトを相対化するには、別の「大義」とルール、スキルが必要になる。それが意識されないと、仕事は安定しない。 … [Read more...]

国内初 ePUB「見開き」拡張仕様で電子雑誌

(有)シーエムパンチとブレインハーツ(株)は3月7日、eBookProという両社の共同プロジェクトで、アップル独自の「見開き表示」に対応した電子雑誌コンテンツを国内で初めて制作したと発表した。雑誌『JAZZ JAPAN』電子版で、紙の雑誌と同様な見開きレイアウトを再現したもの。サイズの制約から、電子雑誌が商業性を持つためには従来のリフロー表示の限界を超えるデザイン機能が要求されているが、「見開き表示」は大きな前進といえる。 … [Read more...]

Scroll Up