なお前途多難もB&Nリッジオは意気軒高

B&Nの存亡を賭けたプロキシー・ファイト(委任状闘争)は人事が承認されたことで現経営陣の勝利に終わったが、特別委員会が同社の戦略を評価検討することになり、外部の大株主ロン・バーク氏は、委員会に対し、売却を支持するよう呼びかけている。検討には数ヵ月かかるものとみられ、レナード・リッジオCEOも結果は予測できないと語っていることから、なお第三者が高値で買収する可能性はあるようだ。 … [Read more...]