「ベストな書店」を目ざすKobo

カナダの主要日刊紙Globe and Mail (2/19)は、Koboのマイケル・タンブリンCEOを取上げてかなり長文の記事にした。地味だが着実に本の読者のための仕事を続ける生き方は、間違いなく読書人の共感を得るものだ。それこそがNookとKoboの違いだろう。課題は、やはりエコシステムの独自性と展開力にある。それがなければ米国で成功しない。 … [Read more...]

Scroll Up