社会基盤から見たデジタル出版革命

出版技術コンサルタントのブライアン・オリアリ―氏がPublishers Weekly (04/15)で、「デジタル出版革命はただ加速するのみ」という記事を書いて、なお燻っているE-Book停滞(成長)論争に新しい視点から論じ、表題のような結論を述べている。もっぱら商業出版の世界の中だけで論じられてきた問題に対する、インフラからの視点は新鮮だ。 … [Read more...]

企業コミュニケーションの現代化(♥)

Inklingの企業向けソリューションは、拡張E-Bookあるいはマルチメディア・ドキュメントの歴史において転換点となる可能性が十分にある。それはWebに対して開かれており、伝統的なオフィス系、DTP系アプリケーションを背景としたPDF文書のように閉鎖的ではない。これは圧倒的な優位でここに注目したビジネス/モデルが生まれそうだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

Inklingプラットフォームが企業出版に対応

ハイレベルなデジタル出版ソリューションを提供するInklingは1月27日、企業出版プラットフォームInkling for Enterpriseを発表した。クラウド・ベースの拡張コンテンツ出版ソリューションを教育系、商業出版系に提供して実績を積上げてきた同社が、Gapやロシュなどの大企業での実用化試験を経て、戦略的コミュニケーションに進出するもの。 … [Read more...]

米国陸軍が教育出版物をEPUB化・公開(♥)

米国陸軍は、兵士がモバイルで利用できるように戦闘教義(doctrine)をEPUB3仕様のE-Bookとして配布すると発表した。これまではPCを想定したPDF版があったが、兵士の情報装備の「モバイル化」に対応していなかった。軍の基本文書のEPUB化の意味は大きい。教科書より先に世界最大の軍のEPUB化が進むことになりそうだ。 … [Read more...]

富士ゼロックスの“20世紀”型ドキュメント・アプリ

富士ゼロックスは3月27日、モバイル環境での文書活用を支援するAndroidアプリ「モバイル統合アプリケーション for Android」を4月10日から販売開始すると発表した。1月のiOS版に続くもので、主として同社のクラウド・サービス Working Folderや、Web対応の統合ドキュメント管理システムDocuShareなどの基幹製品/サービスと連携し、タブレットやスマートフォンでのハンドリング(表示・編集・印刷・送信など基本操作)をサポートする。価格は5万円(5ライセンス)から。 … [Read more...]

Scroll Up