真夏の大論争:AA紛争番外編

アマゾン vs. アシェット紛争は、作家や読書人を巻き込んでなお外野席に拡大し、新しいエピソードを生み出している。いちいち取り上げるのもどうかと思うが、目を離すと事態が読めなくなる可能性もあるので、8月の話題となったオーウェルとペーパーバック」論争について紹介しておきたい。できれば関連リンクにも目を通していただければ幸い。 … [Read more...]

アマゾンの新出版秩序は実現するか

「アマゾンvs.出版社」問題は、米国の著作家有志(Authors United)が声明を出し、アマゾンとその支持者(Readers United)が反論を出すなど公開論争が活発化している。第3週はさらにドイツでも、契約交渉が難航しているボニエ出版の支援に、著作家600人あまりが批判声明を発表。ここでも公開の議論となった。私企業間の契約問題がこれほど社会化、国際化するのは異例。 … [Read more...]

E-Book価格とマーケティング:Nookの教訓(♥)

米国における大出版社の「定価カルテル」の終焉と「卸販売制」への回帰の結果がどうなるかについて、これまではもっぱら、出版社の“$9.99問題”として検討されてきた。つまり、新刊E-Bookが安い価格で販売されることによって、紙が売れなくなることだけが注目されていたわけである。本誌はこの「カニバリ幻想」を一貫して批判してきたのだが、減ったのはハードカバーではなく、Nookのシェアだったという事実をどう考えたらよいだろうか。[全文=♥会員] … [Read more...]

「定価販売」の終焉がNookを潰した!?

米国市場でアマゾンに次ぐ座にあったB&Nの急速な没落の直接的原因については、デバイスの失敗という以外に説明らしいものがなく、気になっていた。Digital Book Worldのグリーンフィールド編集長は、8月22日の記事で「エージェンシー価格の終焉こそ Nookの死の主因ではないか」という仮説を提起している。昨年秋に始まった「定価」の崩壊と Nookのシェア低下、赤字の急増は、時期的に正確に一致する。果たして…。 … [Read more...]

本の価格戦争に新局面:紙もデジタルも

米国の通販企業オーバーストック (Overstock.com)が7月25日、「ハードカバー本をアマゾン価格より1割引」という期間限定セールを仕掛けて話題になっている。両社のリストで共通する36万点あまりが対象だが、アマゾンも1日遅れで対抗した。新刊ベストセラーの実売は定価の50-65%引きというかつてない低水準を記録したことになるが、話はまだまだ続きそうだ。B&Nがなんと英国で、E-Bookの価格戦争の戦端を開いたからだ。どうやら新しい局面に入ったようだ。 … [Read more...]

新聞電子版購読料月15ドルは高すぎる!?

急速な普及により、タブレットはニュースメディアにとって最も重要なデバイスとして浮上しつつあるが、米国のタブレット・ユーザーの圧倒的多数(80%)が、月15ドルの購読料は高すぎると考えていることが、最近の調査で明らかになった。72%は少なくとも1紙以上のアプリをダウンロードしており、読む気、払う気は十分にあるようだから、残るは価格の問題ということになるが、それは同時に情報とサービスの再設計を意味する。80%が納得しない価格はほとんどの新聞にとっても意味をなさない。 … [Read more...]

Scroll Up