価格戦争の意外な結末:勝者の後悔?

米国の出版界はE-Bookをめぐって二分している。現状認識から情報源まで共有していないのだから深刻だが、その中で両派から等しく信頼されるマイク・シャツキン氏が最近のコラムで、価格問題に関するこれまでの見方を撤回することを表明した。いわゆるエージェンシー価格が出版社にとって最悪である、ということを認めたのだ。 … [Read more...]

新しい「価格戦争」がもたらす変化(2) ♥

デジタル時代、本は他のコンテンツと隔離された存在ではなく、紙とE-Bookの市場を隔離することも不可能だ。E-Bookの価格引上げは、戦線の拡大と泥沼化をもたらそうとしている。解決の方法あるが、もしかすると、リーダーの認知的不協和というものは、失敗を最大化することでしか修正できないのかもしれない。[全文=♥会員] … [Read more...]

新しい「価格戦争」がもたらす変化(1)

昨年の今ごろは、アマゾン対アシェットの「価格戦争」の話題で間断するところがなかった。暮れに大手5社の主張が反映された新契約が締結されて以来、大手5社のE-Book価格は「改訂」され、5割近くも跳ね上がった。出版社の勝利、と思った人は多かった。米国でもメディアは「値上げ」以後をフォローしなくなった。しかし戦争は終わっていなかった。 … [Read more...]

アシェットは衰弱したガゼルか?

アシェット社とアマゾンの契約をめぐる紛争で新たな動きがあり、しだいに背景が見えてきた。Publishers Weekly (5/12)の見立て通り「本件」は印刷本ではなく、E-Bookだったようだ。Wall St. Journal (5/24、日本版)によれば、背景は出版社の儲けすぎにある。とすれば、エージェンシー価格以後の相場を決めるものだ。しかし著者、消費者を巻き込んだ騒動は穏やかではない。 … [Read more...]

アマゾン vs. アシェットの攻防

メーカーと小売は、互いに不可欠な存在でありながら、価格を中心とする取引条件をめぐっては時に緊張関係を呈する。出版業界でも同じことなのだが、一方の当事者が米国書籍流通のシェア3分の1以上を占め、あらゆる関連業態に進出するアマゾンで、水面に浮かんだ現象が、紙のベストセラー本の配達遅延であったりすると話は別のようだ。 … [Read more...]

Scroll Up