アップルが集合訴訟前哨戦で敗北

「エージェンシー価格談合事件」は、出版大手5社が和解に応じたことで実質的には終わっているのだが、賠償金の支払い、還付が始まっても、法廷での最終決着は見えない。世界で最もリッチな企業のアップルが、裁判所を相手に孤独な抵抗を続けているからだ。そしてそのことが新しい現実を生んでいく。NY連邦地裁は3月28日、州と消費者から提起された集合訴訟を受理、アップルの証人申請を却下した。 … [Read more...]

価格談合事件出版5社の賠償額2億ドル超す

E-Book小売価格における独禁法違反事件で、米国司法省と和解に応じた出版5社がこれまでに支払った賠償金と罰金の総額が1億6,615万8,426ドル(訴訟・法定費用を除く)に達したことが明らかになった。5社の支払義務は2.2億ドルに近く、出版業界が関連した係争では最大の賠償事件となった。アップルの賠償額はこれを遥かに上回るものとなり、EUでの立件と合わせると歴史的な高額になることが予想される。 … [Read more...]

Scroll Up