音読すると効果音声が応える児童向けアプリ

米国のアシェット・グループ(HBG)は、シアトルのスタートアップ企業 Novel Effect (NE)と提携し、テキストと音楽を組合わせた同名の青少年向けコンテンツ配信アプリを使ったパイロット・プログラムをリトル・ブラウン(LBYR)の4点のタイトルとともに立ち上げた。年内にさらに新刊を予定している。 … [Read more...]

数字が示す出版デジタル化の裏側

1月にNYで開催されたDigital Book World Conference (DBWC)では、調査会社 Nielsen Bookのジョナサン・ノーウェル社長が同社のBookScanの膨大なデータ(→スライド)を駆使して2014年の米国出版界年間動向を解説した。Book Businessのエレン・ハーヴェイ氏が要領よく5つのポイントにまとめているので、ここに紹介・共有しておきたい(BB、02/10)。 … [Read more...]

児童書から考える「見つけやすさ/見つかりやすさ」

少年少女向け図書出版で知られる米国のスカラスティック社は、子供の読書習慣に関する大がかりな調査を行っている。レポートは1月にも刊行されるが、このほどその一端を示すインフォグラフィックがリリースされた。6歳から17歳までの73%は「自分が好きな本を知ることが出来たら、もっと多くの本を読む」と回答している。 … [Read more...]

アマゾンが KDP Kids で児童書市場を開拓

アマゾンは9月3日、自主出版向けの新サービスとして、KDP Kids および Kindle Kids’ Book Creator を立ち上げたと発表した。児童書に特化したブランドとオンライン制作ツールという組合せにより、この市場を開拓していく意思を示しているが、これまで比較的少数の専門出版社で担われてきたニッチに与える影響は少なくないだろう。 … [Read more...]

米国で急進展する子供のデジタル読書

児童・青少年向け出版で知られる米国のスカラスティック社は1月18日、2006年以来隔年で行っている「児童・家庭読書調査レポート」(“Kids & Family Reading Report”)第4版を公表した。この市場は昨年E-Bookが大ブレイクして今年最も注目されている。デバイスの普及によってデジタル読書が増加していると考えるのは当然だが、実際にはデバイス以外のデジタル読書環境の充実がより大きな意味を持っているようだ。また紙の本への愛着は明らかに低下している。 … [Read more...]

米国E-Book市場は鈍化しても30%台の成長

米国はすでに冬のホリデー商戦に突入しているのだが、8月期の出荷統計が出版社協会(AAP)から発表され、E-Bookの成長が対前年同月比で全体として鈍化したことが明らかになった。今年前半に児童・青少年(YA)図書が爆発的に(三桁)伸びたことの反動とされる。それでも成年向きが34%増、児童向けが50%で悪くはない。米国市場は、昨年まで成年向けが急成長を牽引してきたが、続いてE-Readerの普及でYAと児童が同じく三桁成長を経験した後に落ち着いていく傾向が読み取れる。 … [Read more...]

青少年E-Book市場開拓の鍵は「ソーシャル」

米国バウカー社が行っている定期の出版市場調査PubTrack Consumerが、10-11月度に行った調査で、12歳以下の児童ではE-Bookへの関心は高いものの、それ以降では相対的に低いことが明らかにされた。もちろんデジタルが嫌いなわけではない。子供から大人への時期は、読書習慣(つまり読書市場)の形成上で重要な意味を持つが、課題はE-Bookにおける「ソーシャル」と利用の「自由」ということのようだ。(paidContent, 01/23) … [Read more...]

児童書のデジタル化の可能性と課題 (♥)

米国はNYにある非営利団体、J.G.クーニー・センターが、昨年夏から秋にかけて、3-6歳児を持つ24の家族を対象に行った調査によれば、ほとんどの子供がE-Bookを好み、理解内容に差はない、という結果が出た。拡張E-Bookと在来型E-Bookとの比較もされているが、対話型のコンテンツの詳細を覚えていた者は、在来型で読む場合より少なかった (Digital Book World, 01/09)。 大きな潜在性を持ちながら、未開拓ともいえるこの分野の課題を考えてみた。 [全文=♥会員] … [Read more...]

アマゾンが児童書出版に進出へMCCBを買収

アマゾンは12月6日、米国の児童・教育図書出版社マーシャル・キャベンディッシュ(MC)との間で、450点以上の書籍を含む児童書出版事業(MCCB)の譲渡に関して合意に達したことを明らかにした。これによりアマゾンは児童書分野に進出するが、MCCBは、表彰を受けたことがある優良図書を数多く発行しており、アマゾンは印刷版と電子版の両方で販売を引き継ぐことになる。MCは教育出版、とくに学校教科書に集中し、国際展開を強化する。 … [Read more...]

Scroll Up