米独禁当局がアップルのIAP条項に「注目」

米国司法省(DoJ)と公正取引委員会(FTC)は、アップル製デバイスを使ったコンテンツ定期購読サービスの提供を希望するメディア企業との間の約款に関連して予備的調査を開始した、と2月18日のWall Street Journal紙が伝えた。アプリから外部サイトへのリンクを禁止し、またiTunesでの取引を最優遇することを要求する内容(いわゆる最恵国待遇)が、価格を不当に拘束する可能性があるためである。欧州委員会(EC)も「状況を慎重に検討している」と表明した。もちろん立証責任は当局側にあり、先は長い。 … [Read more...]

Scroll Up