「ふつう」をつくるエコシステム

11月26日号の記事「二極化する出版:(2)エコシステムの再生」で、「ふつうの出版社」「ふつうの書店」が生きられるエコシステムを願う趣旨を書いたところ、読者の方から「『普通』=大きな意味で停滞とも受け取れそうです」というご指摘をいただきました(全文は記事参照=公開)。重要な点なので、筆者の考える「ふつう」の意味について補足させていただきます。 … [Read more...]

Scroll Up