旧体制のハードリセットが見えてきた

日本的出版エコシステムの解体への動きが加速している。中堅取次3社の経営危機・整理・廃業を機に、出版社にとっての選択肢としての「アマゾン」が一気に身近な存在となってきた。しかし、守るべき価値と転換期に必要な戦略を考えず、絶望し、ただ「寄りかかる」のはリスクがあまりに大きすぎる。 … [Read more...]

Scroll Up