利用課金モデルの「欠陥」と課題

大手出版社の参加で、出版社側の注目が高まってきた図書館の利用課金モデルだが、導入した図書館の側では期待が幻滅に代わった例もみられる、とThe Digital Reader (06/26)が伝えている。予想通りだが、図書館側の負担と出版社の収益をバランスさせるモデルの開発がうまくできないと、ここでもアマゾンが解決してしまいそうだ。 … [Read more...]

21世紀の出版エコシステムと図書館E-Book

米国図書館協会 (ALA)の年次カンファレンスの前週、ハーパー・コリンズ社がE-Bookの貸出に利用課金モデルを提案するサービスベンダーとの合意を表明したことで、この新しいモデルへの注目が高まっている。出版における「非アマゾン・モデル」の余地はほとんどないが、図書館は21世紀の出版/読書の基盤を提供しうると考えている。 … [Read more...]

Scroll Up