「デジタル迫害」課税の現状

世界的な出版社団体である国際出版社協会(IPA)は7月20日、79ヵ国を対象とした紙とデジタル書籍への課税の比較調査の結果を発表し、E-Bookへの平均税率が印刷本の2倍にも達することを明らかにした。消費税制というものは市場をある方向に誘導する働きがあるが、多くの国の行政・立法府は明らかに紙を「支持」しているといえよう。 … [Read more...]

Scroll Up