教育系出版に広がる定額制 (♥)

アマゾンが始めた定額制サービスは、Oysterなどのスタートアップの挫折を経て中堅/専門出版社に拡大し始めた。教育出版のセンゲージ社は、70教科、675コース、2万点以上を1学期間(半年)120ドルで読み放題にする Cengage Unlimited (CU)というサービスを始めた。印刷教科書価格の高騰に対しては有効だが、利用環境の最適化には時間がかかりそうだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

大学教科書市場の激変の予感 (♥)

米国の大学書店で構成する全米大学書店協会(NACS)は、2016-17学年度の教科書・教材の購買行動に関するレポートを発表し、必修教材が平均579ドルと前年より4%近く(23ドル)低下したことが明らかになった。技術書および学校提供の教材は506ドルだった。しかし、購買点数は維持されており、古書やE-Bookで補っていいると述べている。[全文=♥会員] … [Read more...]

米国公立大学で普及する無償教科書=OER (♥)

米国メリーランド大学ユニバーシティ・カレッジ (UMUC)は、今秋から有償教科書の全廃に着手し、無償のオンライン・コンテンツに移行していくと発表した。今年の新学期から学部生、来年には大学院生も対象とする。オープンソース教材の普及は、まず公立大学から伝統的な教科書出版ビジネスを一掃する勢いだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

デジタル化に苦戦する大学教科書

米国の書籍流通大手イングラム社 (Ingram Content Group)は3月3日、電子教科書流通の CourseSmartを買収し、傘下のVital Source Technologiesと合併させることを発表した。金額や条件の詳細は発表されていない。CourseSmart社は教科書出版社が共同で設立した会社で、4万点ほどのタイトルを扱っているが、赤字が嵩み、売却が噂されていた。 … [Read more...]

高い教科書が違法コピーと市場縮小の悪循環を生む

米国書籍産業のシンクタンク Book Industry Study Group (BISG)は7月16日、大学教科書市場に関する調査レポートを発表し、違法サイトからのダウンロードを行った学生が(調査を開始した2010年の20%から)一貫して増加し、34%に達したことを明らかにした。同時期に複写やスキャンなどでテキストの一部を入手した学生も21%から31%になった。大学は電子教科書の採用を減らしており、この市場の見通しを暗いものとしている。しかし、問題の本質は高すぎる教科書とそれを前提とした教育/出版の旧いビジネスモデルにある。 … [Read more...]

Scroll Up