子供E-Book市場は急成長へ

子供は将来の読書人口を確保する上で重要な存在であり、米国ではE-Bookの成長市場としても脚光を浴びている。子供のデジタル読書傾向を継続的にフォローしている調査会社 PlayCollective は、Digital Book Worldと共同で4回目のレポートを発表した。消費者としての子供の意思がより多く反映されるようになったのが特徴で、ビジネスでも対応が必要になっている。 … [Read more...]

米国で子供の読書のデジタル化が進行中

米国で行われた子供のデジタル読書調査の結果が1月13日、NYで開催されたDigital Book World Conferenceにおいて発表され、2-13歳の児童の約3分の2 (67%)がE-Bookに接していることが明らかにされた。昨年の54%から大幅な上昇は、デバイス、コンテンツの普及とともに、学校での導入拡大によって子供のデジタル読書に対する保護者の姿勢が大きく変化したことを示すものと考えられている。 … [Read more...]

読書端末はクリスマス・ギフトの人気商品

欧米では年間最大の消費イベントであるクリスマス・シーズンが始まった。米国では、とくに11月第4金曜から翌週の月曜が“ブラック・フライデー”と呼ばれて注目される。アマゾンをはじめとする小売業の売上が跳ね上がるのも第4四半期で、もちろん、代表的ギフト商品の一つになったE-Readerやコンテンツも売れる。今年のシーズンは例年とは別の意味で注目されている。 … [Read more...]

「子供より親」のアマゾン定額サービス

アマゾンは12月5日、3~8歳の児童を対象とした購読型サービスモデル、Kindle Free Time Unlimited (KFTU)を発表した。書籍だけでなく、ゲーム、映画、TV番組、教育アプリも対象としており、Prime会員には、子供一人分の無制限アクセスで月2.99ドル、家族では6.99ドルで提供。非Prime会員には$4.99/$9.99で提供される。このプログラムには、ディズニーやDCコミックス、ホートン・ミフリンなど多数の有名出版社が参加している。なおターゲット・デバイスはKindle Fireシリーズのみ。 … [Read more...]

トイザらスが150ドルのキッズ・タブレット発売

米国トイザらスは、子供向けの7型AndroidタブレットTabeoを、ゲーム機を下回る150ドル(約1万2,000円)で発売、予約受付を開始した。子供向けの仕様、インタフェース、人気アプリを搭載して10月1日に出荷される。フランス・アルコース社のArnova 7d G3をベースに改装したものと見られるが、先週発表されたアマゾンの7型Kindle Fireも$159で同じ市場ターゲットとしている。低価格化とともに、子供向けタブレットとデジタル・コンテンツ市場が活性化しようとしている。 … [Read more...]

子供はデジタル好きだが、UIしだいでミスリードも (♥)

ニューヨークの教育系NPO、ジョーン・ガンツ・クーニー・センター(JGCC)は、親子の読書行動に関する調査を行った。レポートは夏に刊行される予定で、まだ全文は明らかにされていないが、Digital Book World (DBW, 5/28)の取材によれば、子を持つ親1200人を対象にした、(1)紙と電子メディアのどちらで本を読んで聞かせたいか、(2)子供はどちらを好んでいそうか、という質問のどちらにも「印刷本」と答えた回答者が半数を超えた。一方、5月28日に発表されたJGCCの別の調査によれば、子供のほうはE-Bookをより好んでいるという傾向を示している。[全文=♥会員] … [Read more...]

E-Readerでリッチになる子供の読書体験

米国ペンシルヴェニア州チャンバースバーグの公立学校でKindle30台を導入して生徒にE-Bookを読ませたケーススタディの結果が、最近地元図書館の関係者によって発表され、全米の注目を集めている (Library Media Connection誌)。生徒の読書への関心を高め、テクノロジーに慣れさせる目的で2009年の初めに電子デバイスを導入したが、その結果、読書時間と本の数が顕著に増加しただけでなく、本を媒介にした他の生徒とのコミュニケーションも活発になったという。 … [Read more...]

E-Readerは子供の読書欲を刺激(米国調査)

米国で最近行われた、子供と家庭の読書傾向に関する調査の結果が公表され、両親に比べて子供のほうがE-Bookや読書に積極的という興味深い結果が明らかになった。9~17歳の6割あまりがKindleやiPadなどの電子デバイスでの読書に関心を持ち、同年齢の3分の1は、E-Readerで沢山の本に触れることができれば、もっと多くの本を「楽しみに」読むだろうと回答。むしろ成長にしたがって「本離れ」「携帯依存」が生じていく傾向が明らかになった。日本では「デジタルは人格形成にゆがみを生じる」とまで言われているが、ゆがんでいるのは中身を問題とせずにデジタルを憎悪する心であることを、今回の調査は示している。 … [Read more...]

Scroll Up