2016-17年のトレンド:(2) 10の潮流

世界の商業出版をリードしてきた「ビッグファイブ」は、2014年に「デジタル転換」の完了を宣言し、E-Bookが音楽業界のような激変を起こさなかったことに安堵した。しかし彼らはデジタルの本質を見誤っていた。転換はまだ中途に過ぎなかったのだ。2016年は、さらに大きな変化がすぐ先に迫っていることをわれわれに示している。 … [Read more...]

2016-17年のトレンド:(1)総論

2009年9月15日に創刊した本誌は、なんとか7年目を迎えることができた。「電子書籍」にフォーカスしたメディアがほとんど(すべて?)消滅するなかで生き残ってこれたのは、読者諸兄姉のお蔭で、とても感謝しきれない。本誌が続いたもう一つの理由は、この変化の時代に最も重要な座標軸と視界を失わなかったためと考えている。 … [Read more...]

オーディオブック2016年展望 (5):A-Bookのフロンティア

A-Bookの市場展望の最後として、コズロウスキ氏の記事ではグローバル市場および周辺市場を取上げている。英語圏以外ではドイツが飛びぬけて成長規模が大きいが、ここではアマゾンの市場寡占が英語圏より進み、問題を生んでいる。周辺市場では、米国で圧倒的な普及をとげたポッドキャストとの結びつきに注目する。 … [Read more...]

オーディオブック2016年展望 (4):プラットフォームとブランド(♥)

活字とつながってはいるが独自なメディアであるA-Bookには、そのためのサービス・プラットフォームがある。しかし、A-Book市場で起きている現象は書籍出版と同じである。この区別と連関、ズレと同期は興味深いビジネスチャンスを生み出している。とはいえ、ここでもアマゾンは傘下のAudibleを通じて巧みにマーケティングを進めている。[期間限定公開=1月14日まで] … [Read more...]

オーディオブック2016年展望 (3):図書館とマスマーケット(♥)

本誌がA-Bookに注目する理由は、これが既存の商品と競合しない「新市場」で、それゆえに米国でも障害に遭うことなく成長していること、そして本が持つ未知の(忘れられた)機能と可能性を起動することで出版の再生・再構築につながると考えられるからだ。以下では、市場の拡大要因となる市場や動向を見ていく。[期間限定公開=1月14日まで] … [Read more...]

オーディオブック2016年展望 (2):本の世界の拡張

コズロウスキ氏のレポートを読んでいくと、A-Bookの発展と他フォーマットとの多様な融合と連携により、「本」というメディアが強く、大きな広がりを持った空間として再構築されつつあることを実感する。定額制モデルやバンドリング・プラットフォームは連携を機能させ、拡張された読書空間をつくる場となるだろう。 … [Read more...]

オーディオブック2016年展望 (1):デジタルで再起動

オーディオブック(A-Book)の成長が加速している。米国では出版界のすべてのセクターがこの、歴史は古いが久しくマイナー扱いされてきた市場に注目し、出版社からスタートアップ企業、そして著者から声優まで、様々な形で関与を強めている。もちろんこれは米国だけの現象ではなく、日本を含むグローバルなものだ。 … [Read more...]

AndroidタブレットでKindle Fireが1/3を確保

モバイルアプリ解析サービスを提供するLocalytics (ローカリティクス)は、拡大しつつあるAndroidタブレット市場の、アプリから見たシェア解析を行い、国別では米国が59%を占め、その半分以上がKindle Fireファミリーであったと公表した。Kindle Fireの米国外での発売は始まったばかりであることから、同社では、世界的な供給上の問題が解決すれば、短期間にAndroidタブレット市場で独占的シェアを占めることになるとしている。 … [Read more...]

Scroll Up