Scribdの参入で購読型モデルに現実性 (♥)

OysterやeReatah などのスタートアップが着手したばかりの定期購読サービスを、10月1日、ドキュメント共有プラットフォームの Scribd が発表した。月8.99ドルで、対象書籍はOysterとあまり変わらないが、ハーパーコリンズ(HC)が協力し、マルチ・プラットフォーム対応。出版社も結果に満足していると表明している、目立たない形で始めていたものだが、もはやテスト段階ではない。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scribdがアクセス解析情報を提供

文書共有型出版支援サービス(とでも言うべき)米国のScribdは、ユーザーに対してアクセス統計の無償提供サービス(Scribd Stats)を始めた(Blog, 11/19)。Scribd Statsは、Google AnalyticsのようなWeb解析ツールの画面とよく似ており、ユーザーのダッシュボード(My Stats)を使って、いつどのドキュメントが、どの地域のユーザーによって読まれ、共有されているか。どの程度の時間をかけて読んでいるか。検索のキーワードは何か、といったことを知ることができる。 … [Read more...]

Scroll Up