マンガのデジタル化と出版流通の運命 (2) ♥

デジタルの世界は、紙も電波もCDもDVDも、新旧すべてのメディアを同じくコンテンツ化し、同じオンライン・プラットフォームに呑み込んでしまう。顧客が同じであれば、区別する理由は何もなく、それどころか機会は広がるからだ。原理的には在来のチャネルは淘汰される。しかし、そう単純なものではない。[全文=♥会員] … [Read more...]

マンガのデジタル化と出版流通の運命 (1)

日本の出版市場のデジタル化は、マンガが先行しており、もっぱらマンガだけで急成長している。理由は、出版社にとってそれが「火急」であり、一般書籍はそうでもないと考えられているからだろう。しかし、紙の流通は雑誌+マンガで支えられてきており、これは紙の流通にとって苦しいはずだ。 … [Read more...]

一瞬で消えた日本的流通の「結界」

紀伊国屋書店が8月21日、「インターネット書店への対抗策」として、村上春樹氏の著書の初版10万冊の9割を出版社から直接買い取り、自社店舗のほか他社の書店に限定して供給する、と発表したことは、日本の書籍流通における歴史に画期を成す出来事と言える。それは栗田出版販売の倒産に続く、日本的流通の自壊における里程標を示すものだ。 … [Read more...]

日本的出版流通解体へのカウントダウン

2013年の出版物推定販売金額が出版科学研究所から発表され、書籍が2.0%減の7,851億円、雑誌が4.4%減の8,972億円。合計でー3.3%の1兆6,823億円となった。単純に過去5年間の傾向で外挿しても、5年後の2018年には、書籍が7,000億円を切り、雑誌が7,500億円を切る。取次と書店の淘汰が進み、増税が待つ中で、これからの減少は平均的には進まない。来るべき日を待つだけだ。 … [Read more...]

Scroll Up