専用E-Readerの普及率はなお上昇

昨年末に出されたiSuppliやIDCのデバイス市場予測でE-Readerの死が予言されたことは本誌でも紹介したが、ニューヨークのメディア・シンクタンク、ピュー・センター (Pew Research Center)が行った米国人のモバイル購買行動に関する1月の月次調査で、年末のホリデーシーズンを挟んで、専用リーダの保有率はなお上昇していたことが明らかになった。タブレットの普及率の伸びが遅いわけとコンテンツ市場におけるE-Readerのユニークな役割はかなり鮮明になってきた。 … [Read more...]

米国成年層でE-Readerの普及率が急上昇

中立・非営利の調査機関であるPew Research Centerが主宰するThe Pew Internet & American Life Project (IALP)は6月27日、米国の成年(18~65歳)におけるE-Reader保有率が2010年11月~2011年5月までの6ヵ月間に6%から12%と、2倍に急上昇したと発表した(→レポート)。保有率が最も高いのは、年収75,000ドル以上で子供のいる世帯の両親。対照的に、iPadやGalaxy、Xoomを含むタブレットの普及は、1月時点で7%、5月でも8%に止まり、昨年11月からの半年間で3%ポイントしか上昇していない。 … [Read more...]

Scroll Up