21世紀の「書店モデル」(♥)

Barnes & Nobleの情報はめっきり減ったが、昨年から進めている小型店が地元メディアで紹介されている。ミシガン州ロチェスター・ヒルズで今週開店したのは、「新型店舗の実験店」の一つ。1万4,000平方フィート(400坪弱)という店舗面積は、B&Nの標準的なビッグボックス店の3分の1から半分程度。[全文=♥会員] … [Read more...]

フランスの文学賞をめぐる騒動

秋は文学賞の季節だ。フランスではゴンクール賞に次ぐ権威を持つルノードー賞の候補計17作にアマゾンCreatespaceを利用した紙の自主出版作品(外見的にはアマゾンでしか販売していない)が選ばれたことに激高した一部の書店が、今年の賞の「ボイコット」まで呼びかけるなどして話題を提供している。 … [Read more...]

B&Nの「時間との戦い」

B&Nが四半期決算 (3Q)の発表に続いて「長期戦略プラン」を発表した。昨年就任したデモス・パーネロスCEOは「顧客満足の向上と長期的な利益率の向上の実現」を表明している。同時に5月からスタートする新年度に5つのプロトタイプ店舗を開店する計画を明らかにして挽回への意欲を見せた。問題は(彼が言うように)どれほどの時間が与えられるかのようだ。 … [Read more...]

「紙の復活」幻想から醒めたB&N

かつての「世界最大の書店」Barnes & Nobleは、2017年3Qの四半期決算を発表。総売上は前年同期比8%ダウンの13億ドル、デジタルは25.7%ダウンの3,840万ドルとなった。「紙の復活」どころか、「デジタルが売れなければ紙も」という事態に陥っているが、さすがにタイタニックは悠然と「時」を待っているかのようだ。 … [Read more...]

楽天がドイツTolinoを買収 (♥)

ドイツ・テレコム(DT)が年末に、保有するTolinoの株式を日本の楽天に売却する申請を独禁当局に行っていたと報じられた。確認されたのは「ドイツ・テレコムからE-Book技術に関する資産を購入する件で合意に達した」というまでで、Tolinoという名前が特定されているわけではない。しかし、ほぼ確実なようだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

紙とデジタルの関係(2):プロセス (♥)

ベゾス氏の「著者と読者」の意味は、本質的には「コンテクスト」重視を言ったもので、哲学的/道徳的というよりは工学的/実践的なコンセプトである。技術的には非常に深い意味があるのだが、多くの人にはたんなるお題目(KDPのセールス・トーク)に聞こえたようだ。[全文=♥会員] ☆期間限定公開=10/6まで(本誌7周年と東京国際ブックフェアを祝して) … [Read more...]

B&Nは21世紀の書店として再生できるか

Barnes & Nobleは、3年足らずで3人目となるロン・ボイリーCEO(=写真)が退任すると簡潔に発表した(USA Today, 08/16)。レナード・リッジオ会長兼創業者は、来月に予定していた勇退を延期し、当面の業務を代行する。この会社は危機への傾斜を強めてからも、同じ状態で漂流しているのは、やはりタイタニックらしい。 … [Read more...]

アマゾンの「マンハッタン・プロジェクト」?

夏の暇ネタに近いものとも思うが、Amazon Booksが2018 (-19)年にマンハッタンで開店するかも知れない、というのはどうだろう。可能性は高い。しかし、重要なことは何をやるかだろう。これまでの「アマゾン書店」はオンラインストアの影でしかない。しかし、それがすべてである訳はないし、NYではそれ以上のものが求められるはずだ。 … [Read more...]

アマゾン「書店」の謎 (続)

アマゾン初の「書店」は、昨年暮シアトルに開店して以来大きな注目の的になってきたが、当初の恐怖や興奮はしだいに沈静化しつつあるようだ。そうした中で、アマゾンのポール・マイスナー副社長(政策担当)は3月8日に英国政府の聴聞会に出席して、この店舗が顧客の体験を知ることを目的としていると述べた。 … [Read more...]

欧州モデルで成功したTolino (2) 書店の力 ♥

「著者と読者の間にあるサプライチェーン上の全存在は相対的なものである」とアマゾンは宣言し、実証した。伝統的な書店は最も弱い環であると考えられている。しかし、これまでのTolinoの成功は、デジタルで発揮される潜在力を書店が持っていることを示している。少なくとも「ドイツ的」な何かはその力を持っている。それは何だろう。[全文=♥会員] … [Read more...]

アマゾンをショールーム化する (♥)

アマゾン嫌いのフランスの書店向けサイトPlace des Librairesは、その名も Amazon Killer というブラウザ・プラグインをフランス国内の消費者向けにリリースした(ChromeおよびFirefox)。ショールームとして利用されてきた(?)書店が、逆にアマゾンをショールーム化しようというもの。一見ジョークのようだが、無意味なことではない。[全文=♥会員] … [Read more...]

ペンギン・ランダムハウス「仮想書店」の新しさ(♥)

英国ペンギン・ランダムハウス社 (PRH-UK)は 4月7日、読者による推薦プラットフォーム My Independent Bookshop のベータ版を招待者に披露した(→リリース)。MIBはユーザーに12冊のコンテンツを立ち読み用に展示。Facebook、Twitter、g+を使って共有、評価、推薦、購入することが可能になる。ここまでは他社もやっているが、MIBの仮想書店は既存の卸=小売チャネルを使ったユニークなものだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

アマゾンは書店の敵か友か (2)動機を考える(♥)

アマゾンはスケールが大きすぎて、一般的には理解困難な企業だ、ファンシーなガジェットで知られるアップルや、もっぱらネット内に生息しているGoogleなど、莫大な利益を上げているライバルと比べ、伝統的な商売の人からは嫌われること甚だしい。アンフェアな安売り、脱税、ショールーム化…。小売店を地上から一掃する気ではないかと思う人さえいる。[全文=♥会員] … [Read more...]

アマゾンは書店の敵か友か (1) Amazon Source

アマゾンは11月6日、独立系の書店や小規模小売店がKindleを販売することによって、デバイスの販売マージンとコンテンツ売上の10%を得ることができる提携プログラム Amazon Source を発表した。Koboが同様の協業モデルを提供しているが、10%はそれより書店に有利な条件。しかし、アマゾンへの宿怨に燃える書店の多くは、猛烈な批判を浴びせている。浸透・拡大には時間が必要のようだ。 … [Read more...]

アマゾンに挑戦する異色の経営者パトリック・バーン (♥)

前号で紹介した米国オーバーストック社(OSTK)は8月1日、印刷本の「アマゾン価格より10%割引」をさらに1週間延長すると発表したが、翌日のPublishers Weeklyは、アマゾンを“悪の帝国”と呼ぶ、同社のバーンCEOとの電話インタビューを伝えた。独立系書店を含めた新しい構想を語るなど、書籍販売を戦略的に重視していく意思を表明している。スターウォーズ・フリークのバーン氏は、エキセントリックで天才肌の経営者として知られるが、これは思いつきか、それともベゾスとは別の視点から本の“秘密”を読み解いたのか。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up