「私紀」か「ストーリー」か:日本国紀の十字架

出版界で最もエネルギッシュな幻冬舎の社長が、特定作家の実売部数をTwitterで公表して批判を浴び、謝罪して「閉鎖」した。筆者は「部数暴露」問題が当事者を超えた「社会」的ルール違反の問題であるかどうかの判断はもたない。注目したのは、騒動の渦中で「時代錯誤な出版社という存在はもういらない。作家が直販すればいい」という声まで飛び出したことだ。極論が正論に聞こえる時代だ。 … [Read more...]

Scroll Up