直販の論理:(2)ビッグファイブの場合(♥)

直販が中小出版社や自主出版者だけの動きなら、多くの人は「想定内」と受け取るだろう。書店は中小出版社にきめ細かい対応をする余裕をなくしている。しかし、大手についてはどうだろう。じつは大手こそ、直販を本気で考えていると考えられる。情報=紙というフィクションはとうに信じてはいないし、「アマゾン以後」を準備しつつある。[全文=♥会員] … [Read more...]

直販の論理:(1)Ingram:流通から販売支援へ

米国の書籍流通大手イングラム社は12月15日、出版者がWebやブログ、SNSから紙およびデジタルの書籍を販売する自家製コマース・ソリューションを提供する Aer.ioを買収し、同社としてサービス展開することを明らかにした。出版社と書店をつなぐ存在だった同社が、出版者による直販支援に進出する背景も含めて考えてみたい。 … [Read more...]

マーケティングに挑戦する大出版社

ハーパーコリンズ社は、人気タイトル120点を3ドル以下で直販するホリデーシーズン・キャンペーン “Fill Your E-Reader” を開始した。割引販売はめずらしくないが、自社サイト・専用アプリを使った“ダイレクト指向”に注目しないわけにはいかない。そしてアマゾン流のマーケティング発想にも驚かされる。これは大手出版社の新しい戦略の一端だろう。 … [Read more...]

HCが著者に“直販オプション”(♥)

ハーパーコリンズ社は10月2日、HCの直販プラットフォームで販売した自社商品(印刷本、E-Book、パッケージ・オーディオブック)に対して著者への版権料を10%増額する新プログラムを発表した。アマゾンとの紛争を泥沼化させているアシェットを尻目に、独自路線をとるHCの戦略は、マーケティングの精度を向上させていけば有効なビジネスモデルとなる可能性がある。[全文=♥会員] … [Read more...]

出版社のデジタル直販戦略の課題 (3):技術的環境(♥)

オンラインストアがリアルの書店と異なるのは、前者が購入者/読者を知っていることである。「マタイの法則」によって前者には情報が集中し、「知は力なり」で、ストアが出版社を圧倒するのは避けがたい。ストア(アマゾン)との交渉力を持つには、この関係を逆転させる必要がある。「ストアに依存しない」ための技術的手段について検討してみたい。[全文=♥会員] … [Read more...]

出版社のデジタル直販戦略の課題 (2):ビジネスモデルの選択(♥)

出版社にとって、オンラインストアの価値は、タイトルを「置いて」くれるかどうかではなく、そこでどれだけの人の注目を惹き、実際に売れたのかということだ。アマゾンが強気になるのは、その突出した実力と競合他社の無力による。出版社の直販がアマゾンにチャレンジ出来るわけがないと思われるだろうが、そんなことはない。ビジネスモデルを変えればよいのだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

出版社のデジタル直販戦略の課題 (1):直販の意味 (♥)

欧米大手出版社の「E-Book直販」へのチャレンジが拡大しそうだ。かつてそれを躊躇させたのはデジタルという商品と市場の性質(とくに紙との関係)が分からなかったためだが、それが明らかになった現在、直販は一つのオプションという以上の意味を持ち始めている。日本でもKADOKAWAがリードするだろう。ビジネスモデルとしての直販の問題を考えてみたい。[全文=♥会員] … [Read more...]

出版社の直販モデルの戦略的意味 (♥)

ビッグ・ファイブ(B5)の一角、HarperCollins (HC)がWebサイトを改装し、消費者向けの直販機能を強化したことで、出版社の直販モデルへの関心が高まっている。Publishers Weekly (By Calvin Reid, 07/11)は、米国の様々な出版社の動向をレポートしている。インターネット時代におけるコミュニケーションと流通の変動を、出版社はどう受け止めるべきかを考えてみる。[全文=♥会員] … [Read more...]

BookBabyがアマゾンに対抗する直販機能

自主出版支援サイトの BookBaby は5月5日、出版者のための販売用ページ BookShop に新たに直販を可能にするオプションを提供したことを発表した。この直販機能によって、ストアへの高額な手数料(30%あまり)が回避され、また一般的には月/四半期単位の入金が迅速化するというメリットがある。専業サービスにとって、これは最終兵器となるかもしれない。 … [Read more...]

ハーパーコリンズがD2C直販をスタート(♥)

ハーパーコリンズ社は10月30日、『ナルニア』シリーズで知られるC.S.ルイス作品のE-Bookの直販を2つのサイト (Narnia.com/CSLewis.com)で開始した。バックエンドのシステムはアクセンチュア社が担当(リリース)。アドビのDRM付EPUB形式で、各巻$6.99で提供される。また iOSとAndroid用のアプリとして HarperCollins Readerの提供を開始し、他の人気作家作品の販売を行うとしている。しかし、コトは単純ではない。[全文=♥会員] … [Read more...]

EPUB3による新世代教育出版プラットフォーム

米国シカゴに本社を置く教育出版社 World Book は9月17日、直販型E-Bookプラットフォーム、World Book eBooks を発表した。20あまりの同社のマルチメディア教材、レファランス・コンテンツを統合的に提供できる。購読制のサービスは、自動的にコンテンツの改訂や新刊の提供を行う。出版社による直販は、最も注目されているビジネスモデルだ。 … [Read more...]

趣味・実用中心のニッチ・コンテンツを直販で (♥)

趣味・実用ものを得意とする英国のヘインズ出版 (Haynes Publishing)は、アマゾンなどオンライン書店に頼らない直販方式でのE-Bookの発売に踏み切った。フォーマットはEPUB (+Adobe DRM)で、iPad、ソニー、Kobo、Androidデバイスなどで読むことが出来る。E-Bookビジネスにおいて、じつはオンライン書店は不可欠なものではない。とくにニッチ市場に分野を絞り、固定読者を掴んでいる出版社にとってはそうだ。この市場はオンライン書店にとっても魅力的な市場だ。 [全文=♥会員] … [Read more...]

HBPにみる専門書出版の「脱アマゾン依存」(♥)

ハーバード大学に属する非営利法人のHarvard Business Publishing (HBP)は8月30日、ストアでの販売と並行して独自の販売サイトを開設するとともに、後者で販売するコンテンツについて、DRMフリーの「一度買えば、どこ(のデバイス)でも読める」ビジネスモデルを採用することを明らかにした。テクノロジー系のオライリー社やTOR社に続き、経営出版の本流による実験は業界の関心を惹いている。DRMフリーは、とくに専門出版社にとって現実的な選択肢となっているが、HBPはこれによって「脱アマゾン依存」の先鞭をつけようとしている。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up