デジタル・ルネッサンスの予感

グッゲンハイム美術館を運営するニューヨークのグッゲンハイム財団は、2012年以来、美術書、図録の電子化を進めているが、このほど200点以上をパブリック・ドメインとして無償公開した。全世界に通用する新しい著作権放棄ルールであるCC0 (zero)を利用したもので、NPOなどでのデジタル出版に利用が拡大しそうだ。 … [Read more...]

スーパーリアル:1000億画素で蘇るヘント祭壇画

フーベルトとヤンのファン・エイク兄弟が描いたヘントの祭壇画(1432)は、人類史上の傑作として名高いが、このほど1000億画素の超高密度デジタル画像として収録され、専用サイト(ファン・エイクに接近する:ヘント祭壇画の再発見)で公開された。フランドル絵画の写実を通常の写真と印刷で再現することは不可能だったが、これで研究者から美術愛好家まで、誰でも鑑賞し、謎に挑むことができる。NASAの「宇宙観測用」画像処理技術の応用で、この種のプロジェクトが広がってきたようだ。こうした動きは、デジタル美術書の企画に結びつくと思われる。 … [Read more...]

Scroll Up