米国CCCが教育出版の権利処理迅速化へ新サービス

世界的な著作権に関する処理業務を行う米国の非営利団体、Copyright Clearance Center (CCC)は10月16日、再版需要の高い学術誌、書籍、新聞その他の情報源のマルチメディア再販利用を扱う Republication Service に関する処理プロセスの拡張と手順の迅速化を発表した。教育系出版社のコンテンツ制作に際しての権利処理の迅速化へのニーズに対応したもの。 … [Read more...]

デジタルアーカイブの実験出版プロジェクト始動

文化庁は2月1日「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する実証実験」の一環として、国立国会図書館のデジタルアーカイブから13作品を電子書籍として提供する配信実験を開始した(→リリース)。紀伊國屋書店のサイト(Kinoppy)を通じて3月3日まで配信される。実験は、著作物に関わる権利処理や制作・流通を含めた総合的な実験として企画されており、利用状況の評価をもとに、将来、民間事業者や公的機関等が、既存のデジタル化資料をもとに事業化する場合のガイドを作成する。 … [Read more...]

オーディオブック版権市場ACXが軌道に(♥)

オーディオブックで最大のシェアを持つAudible.com(アマゾンの子会社)は1月30日、音声化著作権取引の円滑化のために同社が2011年に設立したAudiobook Creation Exchange (ACX)を通じたタイトルが前年の10倍にも達したと発表した(→リリース)。ACX経由のタイトルは、すでにAudible.comのプロバイダー上位3社の合計を上回っており、ACXはオーディオブック市場の成長を支えるインフラとして機能していることを示す。米国の市場は12億ドルに達し、46%がオンライン流通しており、“もう一つのE-Book”となっている。[全文=♥会員] … [Read more...]

CCCがRightsLinkサービスにモバイルアプリ

コンテンツの利用促進のための著作権ライセンス処理を行う米国の非営利団体CCC (Copyright Clearance Center)は、このほどRightsLinkのiPhone/iPad用アプリを提供したことを明らかにした。これにより職業的コンテンツユーザーは、PCだけでなく、iPadなどのモバイル・デバイスでどこでも版権情報をリサーチし、手続きができるようになり、利便性が高まる。 … [Read more...]

Scroll Up