児童書から考える「見つけやすさ/見つかりやすさ」

少年少女向け図書出版で知られる米国のスカラスティック社は、子供の読書習慣に関する大がかりな調査を行っている。レポートは1月にも刊行されるが、このほどその一端を示すインフォグラフィックがリリースされた。6歳から17歳までの73%は「自分が好きな本を知ることが出来たら、もっと多くの本を読む」と回答している。 … [Read more...]

Scroll Up