記事広告は希望の光か砂漠の蜃気楼か (♥)

米国のワシントンポスト紙は3月5日、新たに「マーケッターと読者を安心できる環境でつなげる」BrandConnectという広告記事用プラットフォームを立ち上げた。記事はWPのホームページ上で「スポンサー提供記事 (Sponsor Generated Content)」という青枠の但し書き付で通常記事と混じって掲載される。こうした試みは米国の一般紙では最初のもので、オンライン・ニュースメディアが広告収入を得る「希望の光」として期待と注目を集めている。しかし、これはリスクが大きく、それに対する多重の防護装置を設計し、改善していく必要がある。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up