アシェットがデジタル販売集計の体制を確立 (♥)

米国のアシェット・ブック・グループ(HBG)は7月25日、コンテンツ販売データの報告が同社において適正・正確に行われているとの監査結果を得たことを発表した(→リリース)。2012年1月以降、数十ものチャネルから集められた複雑な売上データが100%適正に処理され、著作権者に報告されたという。HBGはこの体制の確立に当たって音楽ビジネスで実績のあるロイヤルティシェア社 (RoyaltyShare, Inc.)のSaaSサービス、Digital … [Read more...]

著者へのデータ開示:変化するパワーバランス (♥)

米国では、出版契約の締結に際し著者と出版社が直接交渉することは一般的でなく、著者側エージェントが代理人として行う。交渉で物を言うのはやはり情報の多寡なのだが、有名な著者でもないと大手出版社の優位は揺るがない。E-Bookの登場で力関係が変わるとも考えられたが、出版社はむしろ取り分を高めたと考えられている。しかしアマゾンがその情報をタダで提供するようになって状況は一変した。なんと大手出版社も著者への情報サービスを始めたのだ。 [全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up