電子出版EXPOにみる新潮流

何回か続いた「電子書籍元年」の喧騒を離れた「電子出版EXPO」は、かなり地に足が付いたものとなった。1,000億市場ともなれば当然だが、ガジェットが消え、サービスが前面に出ている。しかし、性格や内容が一目瞭然ではないサービスの展示というのはかなり難しく、うまくいった例とそうでない例が対照的だった。 … [Read more...]

楽天/Kobo効果で潮目が変わった2012年夏

電子出版EXPOの初日にIDPFコンファレンスが置かれ、基調講演パネルには講談社の野間社長、楽天の三木谷CEO、丸善CHIの小城社長と並んでIDPFのビル・マッコイ事務局長が並ぶ。たしかに楽天/Koboの登場効果は大きかった。瑣末なことだが、Kindleが先でなくてよかったと思う。これが何となく安堵につながっている。超満員となった会場にも、緊張感はなかった。IDPFにとって、日本の出版界、プラットフォーム、ITサービス業界をEPUB3に向けさせたことで大成功だろう。 … [Read more...]

Scroll Up