教科書のデジタル化は「経済性」で進む (♥)

米国のライス大学が運営している無料電子教科書提供団体 OpenStaxは3月1日、昨年1年間に提供した教科書が全米の48%の大学で220万人に達したと発表した。2017-18年度に無償教科書で節約された金額は、1億7,700万ドル分にあたるという。出版社団体のAAPは、2018年の大学教材の売上が7.2%下落したと発表しており、平仄が合っている。[全文=♥会員] … [Read more...]

米国で広がる「教科書負担ゼロで学位」

米国では教科書コスト負担が問題となっており、単位取得に高額の教科書が必要とされるカレッジ以上では学生の進路や進学を制約する要因となっている。州や大学、財団による無償教材の提供は拡大しているが、カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジ(公立短大)では教科書負担ゼロの学位プログラムを提供するところが現れた。 … [Read more...]

アマゾンがNY市教育庁から大口受注

アマゾンは4月20日、全米最大の学区を擁するニューヨーク市教育庁(NYDOE)から、教科書を含むE-Bookコンテンツの提供に関する約3,000万ドルの3ヵ年契約を獲得した。E-Bookの法人契約としては最大規模。さらに2ヵ年の延長が可能で、その場合は3,450万ドルの追加となる。なお、この契約にはKindleのようなデバイスは含まれていない。 … [Read more...]

米国の学校でデジタル教材導入が進む

電子図書館サービスのOverDriveは、米国の学校教育におけるデジタル化の現状についての最新の調査結果を発表した。全米の学校および学区の教育責任者2,000人以上を対象としたもので、K-12レベルの教育コースでのデジタル化とデジタルコンテンツの普及傾向を示している。課題はありながらも導入は着実に進んでいるようだ。 … [Read more...]

世界の資格受験産業はモバイル仕様(♥)

教育/受験対策出版の世界的大手であるKaplanTest Prep (KTP)は2月25日、同社のサービス登録者向けにアマゾンの Whispercastプラットフォームを利用したデジタル版GMAT教科書の提供を発表した。同社にとって初めての試みで、これによりGMAT受験生は、Kindleデバイス/アプリを使い、モバイルデバイスを使ったコンテンツやサービスの利用した学習が可能になる。[全文=♥会員] … [Read more...]

適応学習の Knewtonが5,100万ドル調達(♥)

教育IT (EdTech)をリードする企業として注目されているニュートン社 (Knewton、ニューヨーク市) が大規模なグローバルな展開に備え、新たにベンチャー・ファンドから5,100万ドルを調達したことが12月19日、明らかになった。これで2008年の起業以来の調達金額は1億400万ドルとなり、潜在規模が巨大な割に立ち上がりが遅いこの市場で攻勢に出ることを宣言したことになる。[全文=♥会員 … [Read more...]

E-Textアプリに適応学習機能

学習者個人に最適化されたコンテンツを自動提供する適応学習 (Adaptive learning) 技術/サービスのニュートン社 (Knewton、ニューヨーク市) は12月5日、デジタル出版プラットフォーム MyEbookFactory のグーテンベルク・テクノロジー (Gutenberg Technology、NYおよびパリ) とともに、教育系出版社に対し、教育アプリの適応型学習オプションを提供していくことを発表した。 … [Read more...]

EPUB3による新世代教育出版プラットフォーム

米国シカゴに本社を置く教育出版社 World Book は9月17日、直販型E-Bookプラットフォーム、World Book eBooks を発表した。20あまりの同社のマルチメディア教材、レファランス・コンテンツを統合的に提供できる。購読制のサービスは、自動的にコンテンツの改訂や新刊の提供を行う。出版社による直販は、最も注目されているビジネスモデルだ。 … [Read more...]

EDUPUB開催とEPUB3の教育への拡張 (♥)

EPUBの標準化団体であるIDPFは7月30日、今秋10月29-30日の2日間、ボストンでデジタル教育出版に関するワークショップ EDUPUBを開催すると発表した。EPUB3とその他のOpen Web Platformを使った電子教科書や教育素材の開発のためのオープンなグローバル・エコシステム構築に向けたイニシアティブの一環で、出版、教育、サービス、標準化関係者の参加を想定している。EPUB3の教育分野への拡張を示すものとして注目される。プログラム委員長はマーカス・ギリング氏。[全文=♥会員] … [Read more...]

電子教科書配信プラットフォームがLMSをサポート

米国の書籍流通大手イングラム傘下で電子教科書配信を行うバイタルソース社 (Vital Source Technologies, Inc.)は7月9日、同社の Bookshelf プラットフォームとブラックボード社の学習管理システム (LMS) Blackboard Learn を統合する Building Block を発表した。体系的な教科コンテンツの Building BlockとLMSを統合することで、米国などで離陸しつつある電子教科書の普及が前進するものと期待されている。 … [Read more...]

スカラスティックがグローバルな教育プログラム

大手児童・教育図書出版のスカラスティック社(ニューヨーク)は4月24日、グローバルな教育コンテンツ・プラットフォーム Scholastic Learning Zone (SLZ)を立ち上げたと発表した(→PDFカタログ)。同社のデジタル教育プログラムを教師、生徒、教育管理者が利用できるようにしたサービス環境で、学級管理、学習管理とレポート機能などがセットになっている。英語とスペイン語版があり、アフリカ、アジア、オーストラリア、カナダ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東で利用することが出来る。 … [Read more...]

老舗教育出版社で初の“コンテンツ・オフィサー”

米国の教育系出版社、ホートン・ミフリン・ハーコート社(HMH)は3月26日、マイクロソフト社教育部門のイノベーション担当責任者を経験し、昨年HMHに加わったメアリー・カリネーン上級副社長を、初のChief Content Officer (CCO)に任命したことを発表した。同氏は現在担当中の業務範囲を拡大し、とくにK-12(初等教育)市場のためのコンテンツ開発戦略や次世代のソリューション開発を率いることになる。老舗出版社のこの動きは、教育コンテンツがサービスと一体になり、ITによって初めて実現されるものとなった現実を反映している。 … [Read more...]

ニューズ社がタブレット教育ソリューションAmplify

ルパート・マードックのニューズ社 (News Corp.)のAmplify事業部門は3月6日、テキサス州オースチンで開催されたSXSWedu カンファレンスにおいてAmplify Tabletという学校教育用10型タブレットを発表した。「初のタブレット・ベースのオープンなK-12(初等教育)用学習プラットフォーム」と銘打たれており、秋からの新学期に対応し、$299で発売される。同社はこのタブレットをプラットフォームとして、アプリを経由したコンテンツとサービスを提供していくとしている。 … [Read more...]

E-Book第2ラウンドの覇権を狙う Inkling (♥)

iOS出版テクノロジー/サービス企業として出発したベンチャー企業 Inklingは2月12日、クラウド出版プラットフォームHabitatを一般の利用に無償開放すると同時に、主に出版社を対象とした企業向け製品を立上げたことをpaidContentが報じた。アップル独自のエコシステムにこだわって立ち上がりの遅いiBooks Authorに比べ、柔軟なビジネスモデルを持つこの会社が狙うのは、アマゾンの本格進出に先駆けて、拡張E-Book(動的コンテンツ)でシェアを確保することだ。その可能性は低くはない。[全文=♥会員] … [Read more...]

マグロウヒルが初の適応型E-Bookを発表

マグロウヒル社の教育事業部門である McGraw-Hill Education は1月8日、ラスヴェガスのCESにおいて高等教育向けの対話型E-Book技術としては初の製品化である SmartBook™ をはじめとする適応型学習ソリューション LearnSmart Advantage を発表した(→リリース)。今日の教育における最大のトピックはITベースの「適応型」への移行だが、マグロウヒルはインテリジェントなE-Book製品でアプローチを開始した。ここで定着すれば高等教育から中等・初等へ広がっていくものと見られる。 … [Read more...]

Scroll Up