声のインタフェースの時代:(2)耳寄りの出版

Aexaは最初の成功した音声エージェントとなった。これはOSのように、21世紀のネットワーク・サービスの基盤環境の一つであり、アップルやGoogle、マイクロソフトを含む巨人たちが放置するわけはなく、すぐに混戦となるだろう。さしあたってわれわれに重要なことは、これが出版に何をもたらすかということだろう。 … [Read more...]

声のインタフェースの時代:(1)Alexa (♥)

アマゾンは先週、Fire TVおよびKindle FireにAlexa音声アシスタントを搭載する計画を発表した。これにより、ビデオの再生や情報検索、アプリの起動などが音声を介しても可能となるほか、Fire TVにユーザーのKindle書籍を読上げさせること(TTS)もできる。声は出版に新しい次元をもたらすように思われる。[全文=♥会員] … [Read more...]

初のサードパーティ製Alexaデバイス登場

フランスのテレコム製品デザイン企業、インヴォクシア社は4月末、Alexa対応の汎用音声デバイスTriby(トライビー)を199ドルでリリースした(米国Amazon価格169ドル)。音声エンターテインメントや家族や友人との遠隔会話など、Echoと同様に使用できる。何よりスタイリッシュなので幅広く受け容れられそうだ。 … [Read more...]

アマゾンEcho関連の2製品投入

アマゾンは3月3日、音声駆動サービス・インタフェースAlexa/Echoに関連する2つの新製品を発表した。ホームラジオのようなEchoに対して、予想通り軽量・モバイル仕様で、ポップなイメージを打ち出している。機能を分けているが、サービスについては「進化し続ける」と謳っており、夏から秋にかけて全体像が見えてくると思われる。 … [Read more...]

Scroll Up