ペンギンが図書館へのE-Book提供拡大もKindleはダメ

図書館のE-Book貸出しに否定的対応をとり、最大手のOverDriveとの関係も絶ったペンギンは11月19日、図書館向けE-Book販売、貸出管理プラットフォームを提供するベイカー&テイラー(B&T)と3Mの両社と提携強化したことを発表した。昨年末に同業のOverDriveとの取引を停止したペンギンだが、この両社を使って図書館市場への取組みを強める気配だ。しかし、どちらもKindleには対応せず、1年更新という条件付だ。図書館にとっては魅力的ではない。 … [Read more...]

図書館電子化ソリューション3M Cloud Library

3M社が最近発表した図書館向けE-Book貸出のソリューションCloud Libraryの詳細に関して、同社のデジタル事業開発リーダーのトム・マーサー氏がGoodEReaderのインタビューに応えた記事が掲載された(07/02)。それによると、6月末のALAカンファレンスで見せた専用デバイスは試作品で、最終的なものはなお開発中という。また、クラウド・サービスは利用者の持つ様々なデバイスに対応し、ダウンロードして読むことが出来る。Cloud Libraryはコンテンツ、ソフトウェア、デバイスを含む“完全お任せ型”ソリューション。 … [Read more...]

図書館システムからの展開図る3M

2009年に製品発表をしながら挫折したドイツのE-ReaderメーカーTxtrは、その後ソフトウェアとサービスに転換し、eBookstore というシステムをライセンスする一方、プラットフォーム別のリーディング・アプリを提供していた。そのTxtrが業界の関心を惹いたのは、最近米国3M社の図書館システム部門(3MLS)が3M Cloud Library … [Read more...]

Scroll Up