Kindle Fireは月3ドル稼いで20%超の利益率

米国の調査会社ABI Researchは1月16日、モバイル・アプリケーション市場サービスの一環として、アマゾンの共助型(cross subsidization)エコシステムを構造的に分析したレポートを発表した。Kindle Fire発売後の1年を追跡した調査に基づいたもので、コンテンツアプリで毎月平均3ドルのマージンを稼いでいくだけで、稼働期間を通しての収益は20%になると推定しており、またあらゆるプラットフォームにアプリを提供しながら、なおKindleデバイスを必要とする理由も示した。 … [Read more...]

メディア・タブレットは出版市場を拡げる

コンテンツビジネスのメディアとしてのタブレット(iPad/Android)の重要性を評価する上で注目される調査レポート(57ページ、有償)が、米国のABI Researchから発表された。今後5年間を予測したものだが、年平均でタブレット1台当たり31本のアプリのダウンロードを見込み、2016年に137億本を想定しているが、大半はE-Book、ソーシャルネットワーキング、コマースが占めると結論づけている。つまり、出版社にとってタブレットは主要なメディア・プラットフォームになるということだ。 … [Read more...]

Scroll Up