「文」の価値は復活するか?

英国の著作権管理団体ALCS (Authors’Licensing and Collecting Society)は6月27日、5,500人を対象とした調査レポート「英国作家の所得 2018年版」を公表し、著者の収入が2013年以降15%、2005年以降で42%と急速に下落していることを示した。中間値は 1万ポンド(£10,500≒153万3,000円)と最低賃金以下となる。当然、専業作家は40%からさらに下落して13.7%となった(詳細は比較対象を厳密に照合して今秋発表)。 … [Read more...]

「著者の没落」の真相と著作権の妥当性(♥)

一般的に言って、物書きという職業が成り立ちにくくなっていることを実感されている方は多いと思うが、著作権者の経済活動についての調査を行っている英国の団体が、“著者の窮乏化”を裏づけるデータを発表した。コンテンツビジネスの繁栄と著者の没落は事実なのか。そこに不公正は存在するのか。仮にそうならば、著作権制度は(どう)変えるべきか。これはかなり息の長い議論の出発点かも知れない。[全文=♥会員(期間限定公開)] … [Read more...]

Scroll Up