アマゾン書店とハイブリッド戦略 (♥)

周知のように、アマゾンの小売帝国は本の通販から始まった。B&Mが書籍だけのものではないとすれば、Amazon Booksは、地域小規模小売店舗のモデルである可能性は強い。つまり食料品+生活雑貨、衣料品+フットウェア、家具+DIY、といった組合せのものだ。地域の雇用に貢献するので、政治的にも歓迎される。[全文=♥会員] … [Read more...]

21世紀のシステム本屋 Amazon Books

アマゾンは11月3日、サンフランシスコ郊外ウォルナット・クリークのショッピング・モールに13番目のAmazon Books (AB)を開店した。見かけはふつうの本屋だが、Webサイトと同じく、表紙をブラウズできる展示方式で、全3,800点ながら、星4つ以上の、地域の顧客属性で絞り込まれたものだけ、というデータ駆動で効率化を目ざしている。 … [Read more...]

マンハッタンのど真ん中にアマゾン(♥)

アマゾンは5月25日、ニューヨーク・マンハッタンの中心部にAmazon Books (AB)をオープンした。250坪ほどの店内に3,000冊あまりをゆったりと展示する贅沢なスタイルは、すでに知られた通り。それでも話題になるのは、ここが米国出版業のメッカであっるためだろう。地元メディアの反響は冷たいが、アマゾンもユーザーも気にしない。[全文=♥会員] … [Read more...]

雑誌ビジネスはアマゾンを使えるか? (♥)

アマゾンが全米で大規模な実書店のネットワークを構築する計画であることがしだいに明らかになり、出版界に波紋が広がっているが、もちろんこれはただの書店ではなく、書籍と雑誌、紙とデジタルにまたがるアマゾンの出版配送システムの一部であり、ビジネスモデルを知らなければどう対応していいか分からない。[全文=♥会員] … [Read more...]

「黒鳥」出現の予感 (♥)

父レナードから2代にわたる米国出版業界の理論家として知られるマイク・シャツキン氏は、出版の歴史的な大変動期を2007-2012と考えている。しかし、大きな変化を予想していないわけではない。最近のインタビューでは5つのブラック・スワン「あり得ないようで、あり得ること」について語っている。すべて納得できる。[全文=♥会員] … [Read more...]

アマゾン「書店」の謎 (続)

アマゾン初の「書店」は、昨年暮シアトルに開店して以来大きな注目の的になってきたが、当初の恐怖や興奮はしだいに沈静化しつつあるようだ。そうした中で、アマゾンのポール・マイスナー副社長(政策担当)は3月8日に英国政府の聴聞会に出席して、この店舗が顧客の体験を知ることを目的としていると述べた。 … [Read more...]

Amazon書店の謎(2):データから現実を(♥)

Fire Phoneは、アマゾンとして久々の完敗だが、後から考えるとこれはむしろ僥倖であったと思う。FPは大きなシステムの一部だが、メディア消費に向いたKindle/Fireとはかなり性格が異なり、異次元のUXを提供する「秘密兵器」だったからだ。その革新性は、なまじ「システム」が一緒に動き始めてからでは期待より反撥を大きくした可能性がある。[全文=♥会員] … [Read more...]

Amazon書店の謎(1):現実×仮想

アマゾンが本拠地シアトルの大学街に開店したリアル書店は、米国で大きな話題になっているが、まだそれが本質的に何であるか、答えは出ていない。この会社の場合、印象や常識で判断してはいけない。見えている部分は(大きなシステムの)一部であり、過去の実験の延長であり、現在と将来のプロジェクトと連携しているものだ。 … [Read more...]