オーディオブック版権市場ACXが軌道に(♥)

オーディオブックで最大のシェアを持つAudible.com(アマゾンの子会社)は1月30日、音声化著作権取引の円滑化のために同社が2011年に設立したAudiobook Creation Exchange (ACX)を通じたタイトルが前年の10倍にも達したと発表した(→リリース)。ACX経由のタイトルは、すでにAudible.comのプロバイダー上位3社の合計を上回っており、ACXはオーディオブック市場の成長を支えるインフラとして機能していることを示す。米国の市場は12億ドルに達し、46%がオンライン流通しており、“もう一つのE-Book”となっている。[全文=♥会員] … [Read more...]

アマゾンAudible.comのボーナス印税は歴史の必然か (♥)

アマゾンは毎週のように新しいマーケティング手法を繰り出してくる。今度は傘下のオーディオブック・ストアAudible.comが、ソーシャルネットワーク・サービスであるAudible Author Services (AAS)に同意した作家に対し、一点あたり(通常の印税に上乗せして)1ドルを支払うというプランを発表した。しかし、出版社の頭越しに著者に「ボーナス印税」を払うというものだけに、当然にも物議を醸さずにはおかなかった。信頼関係は文化の問題だが、下部構造が変化した以上、やはり文化も変わらざるを得ない。 [全文=♥会員] … [Read more...]