AEによる米国オンライン出版市場の概観

AuthorEarnings (AE)レポートのデータは新たに詳細化されており、今後の分析につながるデータが公開されている1。個人的に注目したのは、発行時期別の販売金額で、1年以上前のタイトルの販売総額が新しいものをしのぐということだ、E-Bookのマーケティングはなお不十分で、日本ではさらに市場自体が未開拓であることを痛感する。 … [Read more...]

Author Earningsの帰還 (2):変貌するビジネス

出版におけるデジタルとは、表面的にはフォーマットのことだが、版という物理的制約から解放されたいま、制作、マーケティングを中心にしたビジネスの構成(統合形態)もまた変化を始めている。自主出版はもちろん「出版社」という存在もまた変化を免れない。変化する市場を安定した統計のフレームワークに収めることはもちろん容易ではなかった。[全文=♥会員] … [Read more...]

Author Earningsの帰還 (1):デジタル新大陸の発見 (♥)

データ・ガイは、Author Earningsの再出発にあたって、出版社向けのサービスとしてのBookstatを土台とすることで、データと分析を最高度にプロフェッショナルな水準に高めたと述べている。ボランティアが無償で提供してきたAERの内容は質量ともに向上し「公共の利益」につながるというのだが、これは額面通りに受け取ろう。[全文=♥会員] … [Read more...]

米国の「出版統計問題」が解決か!?

独自のオンライン出版統計を季刊で提供していたAuthorEarnings (AE)は1月22日、昨年2月 (Q1)を最後に更新を止めていたレポートを更新し、Q2-Q4のデータを一挙に公開するとともに、AEとは別にBookstatという本格的な(つまり有償の)出版データサービスをスタートした。米国の出版界を霧に包んできたデータ問題がこれで解消する期待が持てる。 … [Read more...]

AEが解明した米国商業出版の全体像:(4)非在来出版

米国では、出版社が出版する在来出版の世界のほかに、インディーズによる自主出版が台頭し、オンライン世界で優勢になった結果、在来統計で捕捉できない市場が生まれた。AEは、その「見えない市場」を定量的に可視化することで初めて「全体像」を提示した。非在来出版の規模は2億9,700万冊、12.5億ドルで、在来出版と同じ桁数に達している。 … [Read more...]

AEが解明した米国商業出版の全体像:(3)デジタルの実相 (♥)

データ・ガイが構築した出版市場計測システムとそのデータは、ハッブル望遠鏡が天体観測にもたらした以上の衝撃をもたらした。出版社が本をつくり、書店が売るという紙を中心とした出版がこの数年でどう変わっていたのか。それを知るには在来の市場統計の限界を知る必要がある。2016年は、その点で重要な転換点だった。[全文=♥会員] … [Read more...]

AEが解明した米国商業出版の全体像:(2)見えない市場

本誌は2014年以来、Author Earnings (AE)の四半期レポートを欠かさず取上げてきたが、それは変則的ながら、オンライン世界で起きていることを知る唯一の方法であり、しかもプロフェッショナルで一貫しているからだ。2014-15年に起きた米国市場の変動によって、データの価値は実証されたのだが、まずは経緯を振り返ってみたい。 … [Read more...]

Scroll Up