B&Nの「特別な冬」

Barnes & Nobleにとって、たぶん今年のホリデー・シーズンは特別なものとなるだろう。同社は先週ニューヨークで戦略発表会を開催し、Nookの新製品や、ホリデーギフトにフォーカスした対話型アプリを披露した。「弊社はテクノロジー企業ではない」とNookからの離脱を宣言したばかりだが、やはりニュースにできるものはデジタルなようだ。 … [Read more...]

B&N Nookはどこで間違ったのか (♥)

Kindleとほぼ同じビジネスモデルで出発し、2010年時点では並ぶ存在だったNookの敗北は、歴史的な意味を持っている。デジタルはもともと「勝者総取り」という性質が強いが、世界最大の書店が新興のオンライン書店とE-Bookで対決して完敗し、本業も危機に瀕している。その理由を吟味することは、今後5年間に起こることを知る上で重要だ。[全文=♥会員] … [Read more...]

B&NがついにNookギブアップ宣言

B&Nの創業者兼大株主であるレン・リッジオ氏が初めてNook事業の失敗を公式に認めた。Kindleから2年遅れて(2009年11月)スタートしたNookは、世界最大の書店のE-Book事業として始まり、2013年まではシェア2位で期待と注目を集めたが、マイクロソフトとの提携に失敗したあたりから急坂を転げるようになっていた。 … [Read more...]

「世界最大の書店」に買い手は見つかるか

Barnes & Noble (B&N)が自身の売却について投資銀行筋と交渉を行っている、という噂を金融情報メディアのDealReporter (DR)が伝えた。B&Nが否定したことで噂に火が点くことはないが、株主を中心に低迷する株価に不満が高まっていることが背景にあると思われる。問題は、買い手が(アマゾン以外に)見つかりそうもないことだろう。 … [Read more...]

B&Nの運命は「オンライン」が握る(♥)

Barnes & Noble (B&N)は6月22日、2017年4Qおよび年度の決算を発表し、ほぼ予想通り6.7%の売上減という内容だったが、同日の株価は7.85%増と反応した。「早く買われろ」という市場の催促のようだが、オーナーが誰であれ、全米640店舗の書店は、その地域と読者にとって重い存在であり、オンラインで代替できない。[全文=♥会員] … [Read more...]

B&Nは書店を減らし、アマゾンは増やす

米国最大の書店チェーンBarnes and Nobleは、出店の縮小を進めており、今年度内に8店舗の閉鎖を発表している。他方でアマゾンは主要都市と近郊で7店舗の出店を着々と進めつつあり、B&Nが減らした数だけ増やそうと考えているふしもある。21世紀の書店経営の方法を知っているのはアマゾンだけなのだろうか。 … [Read more...]

「世界最大の書店」は何に負けたのか (♥)

現状で転換期の米国出版市場に関する最も包括的で客観的な俯瞰情報を提供しているAuthorEarningsのレポートが明らかにしたことは、「紙かE-Bookか」という問題設定がいかに業界をミスリードしてきたかということだった。Kindle登場以来10年も続いた幻想を終わらせるのは容易ではないが、B&Nの没落は最も分かりやすい事例だろう。[全文=♥会員] … [Read more...]

「紙の復活」幻想から醒めたB&N

かつての「世界最大の書店」Barnes & Nobleは、2017年3Qの四半期決算を発表。総売上は前年同期比8%ダウンの13億ドル、デジタルは25.7%ダウンの3,840万ドルとなった。「紙の復活」どころか、「デジタルが売れなければ紙も」という事態に陥っているが、さすがにタイタニックは悠然と「時」を待っているかのようだ。 … [Read more...]

B&N衰退にみる旧出版業界の没落

Barnes & Nobleが2017年の最初の四半期決算を発表し、6.6%の減収、6.1%の減益という暗いものとなった。赤字額が1,440万ドルと前年同期比で2倍に近くなったことで危機の深刻さを裏付けている。「大統領選による悪影響」というリッジオCEO代行の説明を信じる人はいない。米国小売業界は不振でないからだ。 … [Read more...]

B&Nは21世紀の書店として再生できるか

Barnes & Nobleは、3年足らずで3人目となるロン・ボイリーCEO(=写真)が退任すると簡潔に発表した(USA Today, 08/16)。レナード・リッジオ会長兼創業者は、来月に予定していた勇退を延期し、当面の業務を代行する。この会社は危機への傾斜を強めてからも、同じ状態で漂流しているのは、やはりタイタニックらしい。 … [Read more...]

「世界最大の書店」がなくなる日

「世界最大の書店」と自他ともに許していた米国のBarnes & Noble (B&N)が、あまり話題にも上らなくなって久しい。負債は嵩み、株は大きく値下がり、有望事業を売却し、店舗では本を減らしてゲームや玩具で埋める、とあっては、もはやデジタルどころではなく、生存の問題だ。そしてB&Nが消滅したらどうなるかが語られ始めた。 … [Read more...]

「世界最大の書店」の黄昏(♥)

Koboがともかく健闘しているのに対して、B&N Nookのほうは、語るも惨めな状況が続いている。アプリ、ビデオのストアを停止し、英国のE-Bookストアから撤退した。意欲なく、ユーザーを顧みることもなく、戦略もなく、無気力に自壊への道を歩み続けている姿は、デジタル転換の時代に、ビジョンを共有して前進することの難しさを示している。[全文=♥会員] … [Read more...]

B&Nはオン/オフ連携をデザインできるか

B&Nが年内に新しいデジタル対応書店のモデル店舗をオープンするアイデアを表明した(i-Retailer)。アマゾンの書店逆進出を迎え撃つ形となるが、同社は2012年にも既存店舗のデジタル化を計画したものの、社内の抵抗で挫折した経緯がある。深刻な危機に見舞われている全米最大の書店はここから巻き返せるのだろうか。 … [Read more...]

倒産危機を迎えた「世界最大の書店」 (♥)

久しく米国書店業界に君臨してきたバーンズ&ノーブル(B&N)の衰退が顕著になってきた。最近の決算について、CNNは「アマゾンに潰された」とまで言った。これは普通ではない。本誌はもっぱらデジタル部門のNookを中心に見てきたのだが、どうやら本質的な問題はNookよりむしろ本体(書店チェーン)のほうにあったようだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

見放されつつあるB&N Nook

アマゾンを追走していたはずのB&N Nook の持続性に疑問符が付き始めた。デジタル事業の売上は下げ止まらず、MSとの提携は解消。Web版は機能停止に見舞われ、欧州事業も英国を残して撤退。そしてB&Nは新社長を発表した。分離は決まっているがまだ買い手はつかず、E-Reader新製品に関する情報も絶えている。Nook の混迷はさらに深まっている。 … [Read more...]

Scroll Up