第三の創業か消滅か:大起業家最後の闘争(♥)

“米国最大の書店”Barnes & Noble (B&N)はいま存亡の危機にあり、投資家に乗っ取られるか、独自のデジタル化戦略が株主の支持を得て再生できるかの瀬戸際に立っている。B&N経営陣がSECに提出した株主プレゼン資料が明らかになったが、そうした切迫感が溢れて歴史を感じさせる。同社は1873年に創業。その後学生ベンチャーで成功したレナード・リッジオ現会長が1971年に買収して“第二創業”と急成長を経験した。 … [Read more...]

Scroll Up