出版人も「2020年にはデジタルが主役」と予想

英国の出版業界専門メディアThe Booksellerは、デジタル化の動向と出版界の見方をさぐる年次調査、The Digital Census 2011 (進行中)の仮集計の結果を発表(The Bookseller, 10/17)した。それによると、約25%の回答者が、2015~2019年の間にデジタルが出版の主役となると予測したが、それ以前の2014年(16.4%)、2013年(8.6%)、2012年(4.9%)と考えているものも合計で30%近くに達した。つまり、半数以上が「2019年までに」と考えていることになる。今年で3年目のこの調査は、Webで行われており、地域は限定していない。 … [Read more...]

Scroll Up