ePUB3が拓くオープンE-Bookリンキング(後)(♥)

プラットフォームは、コンテンツに紐を付けておきたい。コンテンツはプラットフォームを必要としながら、それから独立したい、という矛盾を孕みながら、E-Bookの市場は、たんなる静的コンテンツの配信を超えた、ダイナミックでソーシャルな方向(E-Book2.0)へと進化している。そして2.0の水準をオープンなサービスとして実現する上での大きな前進が、ePUB3におけるオープンなリンク機能といえる。出版界がビッグスリーと共存していく上で、これを使いこなし、ePUB3の達成水準を高めていくことが将来を決定することになる。そろそろ組版・レイアウトは卒業したい。[全文=♥会員] … [Read more...]

ePUB3が拓くオープンE-Bookリンキング(前)

ePUB3は、今世紀に入ってからのWebの発展(HTML5)を反映した、新世代のスタンダードだ。このグローバル標準での日本語仕様の開発と実装によって、われわれもフルにその恩恵に浴することになるのだが、そろそろレイアウトは卒業して、E-Bookをビジネスとして成立させる上でのePUB3の真価に目を向けるべき時だろう。奔放なまでにオープンなWebの血統を継ぐePUBがあれば、出版者は、禁断のリンゴを食べても平気だし、アマゾンの密林も楽に通り抜けられるかも知れないのだ。 … [Read more...]

Scroll Up