米国で進む図書館の進化

米国図書館協会(ALA)の最新の調査で、全米のほぼすべての公共図書館で職業訓練プログラム、テクノロジー技能訓練等が提供されており、メーカースペース、プログラミング講習、起業プログラムなどとともに、地域社会の職業(再)訓練の一翼を担っていることが明らかになった(→リリース)。成人教育が図書館の新しい役割として位置づけられていることが背景にある。 … [Read more...]

大手出版社が図書館のE-Book貸出を解禁 (♥)

米国の大手出版社のサイモン&シュスター社(S&S)は6月26日、20の図書館群との間で行っていたE-Book貸出のパイロット・プログラムの成功を受けて、これを全米すべての図書館に拡大していくと発表した。また図書館向けのE-Book市場はなお発展を続けているとして、図書館協会(ALA)のリーダーシップや貴重なフィードバックを提供した図書館関係者に感謝している。[全文=♥会員] … [Read more...]

2014年10大予想(10): 図書館の電子貸出(♥)

デジタル読書の普及とともに、米国で図書館の電子貸出が争点化するのは当然の成り行きだったが、昨年の雪解けに続いて、今年は春の訪れがあるとDBWは予測している。図書館の利用実態、市場における積極的役割への認識が大手出版社にも浸透し、「ベストセラーの売上を減らす(はず)」という図書館への積年の偏見が薄れてきたためだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

米国大手E-Bookの図書館開放で前進

5大出版グループの一角、マクミラン社は10月17日、E-Bookの既刊本1万1,000点以上をすべて図書館への貸出に提供すると発表した。これまではミノトール・プレスのタイトルを試験的に供してきただけだったが、新刊と最近刊 (front list) を除くすべてが貸出されることになる。大手出版社のE-Book貸出方針は開放に向かっているが、なお無意味な制限を付けているものが少なくない。 … [Read more...]

アシェットが図書館E-Book貸出を“解禁”

アシェット・ブック・グループ(HBG)は5月1日、米国内の公共図書館に対する貸出用E-Bookの販売に関するプランを発表した。全米図書館協会(ALA)などとの長い交渉や実験を経たもので、ビッグシックスの他社と比べて多少前向き加減となっている。少なくとも全カタログをオープンにし、回数無制限にしたことで、これまでのような無条件の「貸出禁止」は解けた。しかし、「印刷本の3倍」という価格は図書館の負担が重すぎるので半歩前進に過ぎない。 … [Read more...]

S&SがNYの図書館でE-Bookの貸出/販売を試行

サイモン&シュスター社(S&S)は4月15日、ニューヨークの3つの公立図書館との間でE-Book貸出のパイロット・プログラムに関して合意したことを明らかにした(→リリース)。4月30日以降、S&Sはカタログにあるすべてのコンテンツを1年間、回数無制限で利用可能とするほか、1年を経た後は再購入できる。また図書館のWebサイトで小売も行う、という内容。S&Sはこれまで一切の貸出を認めてこなかったが、地元ニューヨーク限定ながら、現実的な方向に転じることになった。 … [Read more...]

デジタル時代に「出版=清貧」は通用しないこと (♥)

出版大手5社の談合問題(司法省の独禁法提訴と消費者訴訟)は、あまりにもあっさりと出版社側の全面敗訴に終わった。数年がかりの訴訟を予想していた関係者の予想は大きく外れ、出版社は多額な賠償金を課された上に、アマゾンに対しても譲歩を余儀なくされ、何よりも社会的威信(公共性というブランド価値)を失った。おそらくこれが最大の損失といえるだろう。今年最大の事件であった訴訟案件は、図書館のE-Book貸出問題とかなり深く関わっている。アマゾンだけを警戒しつつデジタルで儲けていた大出版社には、いま請求書が届き始めた。[全文=♥会員] … [Read more...]

米国図書館協会が大手出版社への攻撃を開始

米国図書館協会(ALA)は11月28日、モウリーン・サリバン事務局長(写真=下)の出版社団体(APA)宛の公開書簡(9/24)や図書館のE-Book貸出に関する調査レポートの公表に続き、問題の公共性を広く伝えるためのメディア・キットを加盟図書館に配布したと発表した。デジタル時代の読書エコシステムにおける図書館の積極的役割を訴えることで、E-Book貸出を渋るグローバルな巨大出版グループに対する圧力を強め始めた。 … [Read more...]

図書館のE-Book貸出しは出版物の販促に貢献 (♥)

米国図書館協会は11月15日、図書館でのE-Book貸出し利用者を対象にこの夏行われた調査の結果を発表し、利用者は活発な消費者であり(平均3.2冊/月)、図書館のWebサイトは買うべき本を探す場となっているという顕著な傾向を明らかにした。 75,385人の回答者のじつに57%は、公共図書館で次に買う本を見つけている、同様の結果はピュー・センターの調査(6/22)でも示されており、マクロ的に見て図書館のマーケティング効果が実証されたといえよう。[全文=♥会員] … [Read more...]

ペンギンが図書館へのE-Book提供拡大もKindleはダメ

図書館のE-Book貸出しに否定的対応をとり、最大手のOverDriveとの関係も絶ったペンギンは11月19日、図書館向けE-Book販売、貸出管理プラットフォームを提供するベイカー&テイラー(B&T)と3Mの両社と提携強化したことを発表した。昨年末に同業のOverDriveとの取引を停止したペンギンだが、この両社を使って図書館市場への取組みを強める気配だ。しかし、どちらもKindleには対応せず、1年更新という条件付だ。図書館にとっては魅力的ではない。 … [Read more...]

Smashwordsがマーケティング支援機能を強化

自主出版プラットフォームをリードするSmashwordsは8月8日、同社が扱う独立系E-Bookを図書館やそのネットワークが直接購入し、貸出すことができるLibrary Directというサービスを発表した。これまでにThe Internet Archive、カリフォルニア州の220図書館によるCalifa、コロラド州ダグラス郡図書館の3つの配信システムと提携しており、Smashwordsの上位1万点が提供される。数千部を目標とする独立系出版にとって図書館は有力な市場でマーケティング手段となっている。 … [Read more...]

全米図書館協会がE-Book貸出問題で報告書 (♥)

米国図書館協会のデジタルコンテンツ作業グループは8月8日、「公共図書館のためのE-Bookビジネスモデル」と題した報告書を発表した。図書館におけるE-Book導入が様々な実験が行われる過渡的段階にあり、出版業界に対して一律に採用される単一のビジネスモデルを考えることは現実的ではないと評価し、出版社や流通業者との契約のための複数のモデル、および避けるべき条件について提案・提言している。当初の感情的議論が消え、課題・論点が整理され、現実がデータで裏付けられ、様々なアイデアが提案・実行される段階に入っているようだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

図書館は出版社の味方である(♥)

メディア研究NPOのピュー・センター(ニューヨーク)が最近行った調査により、図書館の電子貸出利用者は読書習慣を持つ本の愛好家であり、活発に購買もしている最重要の市場であることが明らかになった。電書人口は米国人の21%で、うち12%が図書館のE-Book利用者だが、購入率は55%と平均より高い。彼らの41%は、直近に入手した本は購入したものだと回答している。デジタルは敵ではないことを出版社が知ったのは最近だが、「本の広告塔」としての図書館のマーケティング的価値は、すでにアマゾンが間接的に証明した。こうした調査で出版業界が目覚める日も遠くないだろう。 [全文=♥会員] … [Read more...]

ペンギンが図書館規制強化。KindleはUSB限定に

OverDriveへの提供を停止しているペンギンUSAが、さらに図書館向けKindleコンテンツに「USB限定」の制限を付け始めたことが明らかになった。これはWi-Fiではダウンロードできず、またiPadやAndroidデバイスでは読めなくなることを意味する。図書館をデジタル読者から遠ざけ、Kindleユーザーを「狙い撃ち」した措置で、それにより貸出しそのものを制限することになる。もちろん図書館や利用者からは非難が上がっている。 … [Read more...]

ペンギンがOverDriveと絶縁し、図書館のE-Book貸出停止

E-Bookの貸出をめぐる米国の大手出版社と図書館協会との協議が先週行われた。ランダムハウスが「値上げして再開」で合意したことは前号でお伝えしたが、2月10日、ペンギンは「セキュリティに問題がある」として配信会社大手のOverDriveとの関係を絶ち、E-Bookとオーディオブックの図書館への将来の提供の可能性については別のパートナーと協議していくことを表明した。またKindleプラットフォームへのオンライン・サポートも停止された。他の各社の対応と社会の反響が注目される。 … [Read more...]