米国公立大学で普及する無償教科書=OER (♥)

米国メリーランド大学ユニバーシティ・カレッジ (UMUC)は、今秋から有償教科書の全廃に着手し、無償のオンライン・コンテンツに移行していくと発表した。今年の新学期から学部生、来年には大学院生も対象とする。オープンソース教材の普及は、まず公立大学から伝統的な教科書出版ビジネスを一掃する勢いだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

電子教科書環境として拡大するWhispercast (♥)

ニューヨーク市教育庁が、同市とアマゾン社との間で合意された、1,800の公立学校にE-Bookプラットフォームを開設する契約を承認する見通しであることが報道された。3年契約で3,000万ドル。2年間の延長オプション付で総額6,450万ドルの大型案件。クラウドでの強味を背景に、いまや電子教科書を再定義しつつある。[全文=♥会員] … [Read more...]

「スマート・ブック」への道:MathML 3.0が国際標準に(♥)

W3CとISO JTC1/IECは6月23日、MathML 3.0第2版がISO/IECの公式国際標準として採択されたことを発表した。MathMLはWeb (HTML)で数式を表記するためのXMLアプリケーションで、HTML5およびEPUB3にも採用されている。これにより科学技術・教育出版のHTML/EPUB化が促進され、本が動的なものに拡張されることが期待される。[全文=♥会員] … [Read more...]

HMHが教育WebポータルとAPI公開(♥)

教育出版大手のホートン・ミフリン・ハーコート社(HMH)は5月20日、デジタル教材をデザイナーと開発者が協力して開発するためのWebポータルを開設した(→リリース)。開発環境とAPIをサードパーティに公開することで、エコシステム上のアプリを増やすのはIT業界のスタイルだが、出版でもそれが一般化する兆候と言えよう。[全文=♥会員] … [Read more...]

拡大する自主出版世界 (2):実用書への拡大 ♥

アップルが、iPad→iBooks Author→iBooks Storeという、完結したiOSエコシステムを前提としているのに対して、アマゾンはKDPプログラムの教育系への拡張のためにTextbook Creatorを提供した。しかもターゲットはモバイル系だけでなくMac/PCも開かれている。このモデルは教育系だけでなくB2B/実務系にも拡張されそうだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

拡大する自主出版世界 (1):教科書エディタKTC

アマゾンは1月22日、KDPの新部門KDP EDUを通じて教材用オーサリングツールKindle Textbook Creator (KTC)ベータ版を公開した(→リリース)。アップルiBooks Authorに相当するもので、それ以上が期待できるわけではない、EPUB3でなくPDFをベースにKindleのE-Textを構成する点も前向きではない。しかし、KDPを背景にし、かつ複数のデバイスをサポートする点が大いに違う。 … [Read more...]

OpenStaxが「学習する教科書」実験(♥)

CCライセンスによるカレッジ教科書の開発・提供で知られる非営利法人 OpenStax は、新たに高校生向けの電子教科書開発に関する2年間のプロジェクトに乗り出した。パーソナル化による適応学習のコンセプトを導入し、個々人の能力・適性・履修歴等に対応した最適化を行う米国AP準拠のE-Textを無償配布するという野心的なものだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

イングラムVitalSourceがEdXで採用 (♥)

イングラム社傘下の教育コンテンツ配信企業 Vital Source Technologiesは、MOOCの世界的プラットフォームでNPOの EdX(エデックス)に対して教科書配信サービス VitalSource Bookshelf の提供を行ったと発表した。MOOCと結びつくことで、グローバル化する高等教育市場における世界的なE-Textプラットフォームとしての同社の地位を固めている。[全文=♥会員] … [Read more...]

デジタル化に苦戦する大学教科書

米国の書籍流通大手イングラム社 (Ingram Content Group)は3月3日、電子教科書流通の CourseSmartを買収し、傘下のVital Source Technologiesと合併させることを発表した。金額や条件の詳細は発表されていない。CourseSmart社は教科書出版社が共同で設立した会社で、4万点ほどのタイトルを扱っているが、赤字が嵩み、売却が噂されていた。 … [Read more...]

適応学習の Knewtonが5,100万ドル調達(♥)

教育IT (EdTech)をリードする企業として注目されているニュートン社 (Knewton、ニューヨーク市) が大規模なグローバルな展開に備え、新たにベンチャー・ファンドから5,100万ドルを調達したことが12月19日、明らかになった。これで2008年の起業以来の調達金額は1億400万ドルとなり、潜在規模が巨大な割に立ち上がりが遅いこの市場で攻勢に出ることを宣言したことになる。[全文=♥会員 … [Read more...]

E-Textアプリに適応学習機能

学習者個人に最適化されたコンテンツを自動提供する適応学習 (Adaptive learning) 技術/サービスのニュートン社 (Knewton、ニューヨーク市) は12月5日、デジタル出版プラットフォーム MyEbookFactory のグーテンベルク・テクノロジー (Gutenberg Technology、NYおよびパリ) とともに、教育系出版社に対し、教育アプリの適応型学習オプションを提供していくことを発表した。 … [Read more...]