EPUB3国際化と電子教科書(2):オープンパブリッシング

IDPFに参加する日本企業や団体が多くなった。日本におけるEPUBへの関心が、組版フォーマットという入口の話から進んで、固定レイアウトや今回のメインテーマである電子教科書 (E-Textbooks)といった、ビジネスに直結する問題に展開していることが反映している。しかし、ビジネスの問題はIDPFにとっても難問であり、まだ海図のない航海に出たところだ。 … [Read more...]

EPUB3国際化と電子教科書(1)

JEPAは9月26日、IDPFのビル・マッコイ事務局長 (Executive Director)をメイン・ゲストに、「国際標準と電子教科書」と題したEPUB技術セミナーを開催した。EPUB3の多言語対応に貢献、現在は固定レイアウト(AHL)仕様化をリードしている村田真氏、ISO/IEC SC36で電子教科書標準化に参加されている上智大学の田村恭久氏がそれぞれプレゼンを行った。 … [Read more...]

EDUPUB開催とEPUB3の教育への拡張 (♥)

EPUBの標準化団体であるIDPFは7月30日、今秋10月29-30日の2日間、ボストンでデジタル教育出版に関するワークショップ EDUPUBを開催すると発表した。EPUB3とその他のOpen Web Platformを使った電子教科書や教育素材の開発のためのオープンなグローバル・エコシステム構築に向けたイニシアティブの一環で、出版、教育、サービス、標準化関係者の参加を想定している。EPUB3の教育分野への拡張を示すものとして注目される。プログラム委員長はマーカス・ギリング氏。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up