ニッチ市場に活路を求める電子ペーパーのE-Ink

電子ペーパー市場の縮小に直面しているトップメーカー、台湾のE-Inkは5月21日、新世代の Spectra、Auroraの2製品を発表し、バンクーバーで開催中のSID Display Week 2013で展示した。Spectraは、黒白赤3種の顔料を使ったディスプレイでESL(電子棚札)システム用製品で、Auroraは冷凍庫や厳冬期の屋外を含む低温での使用を可能とする。直接的には特殊用途のニッチな市場をターゲットにしたようでもあるが、価格によっては一般用にも使えるかもしれない。出荷は今年後半。 … [Read more...]

Scroll Up