ニュースにプラットフォームは必要か(♥)

英国の日刊紙The Guardian は、アップルのApple Newsと Facebook Instant Articles (IA)への記事提供を打切ると発表した。メディアとプラットフォームとの提携関係は立上げ時からのもので、打切りはビジネスモデルの実験が不調に終わったことを示していると見られる。これはメディアのビジネスモデルという本質的な問題だ。[全文=♥会員] … [Read more...]

ランダムハウスがSNSアプリ BookScoutを更新

ランダムハウス社は3月13日、1月22日に静かにスタートしたFacebookの BookScout アプリを更新した(→リリース)。FacebookのタイムラインとAboutページの機能向上に対応したもので、アプリ上でのユーザーの活動を Facebookのタイムラインに反映されることが出来るようになった。タブレット上での操作性も改善された。近日中にスマートフォン向けの最適化や「推薦」機能の拡張などが予定されている。スムーズな機能拡張は利用と表裏の関係にあり、このアプリが本気のもので、軌道に乗りつつあることを示している。 … [Read more...]

ランダムハウスがFacebookアプリBookScout

ランダムハウス(RH)は1月22日、Facebookを使った推薦情報の提供を目的としたアプリ、BookScout を公開した。同社のデジタル・マーケットプレイス開発グループがつくったこのアプリは、Facebookユーザーがお気に入りの著者、タイトルに関する情報をタイムラインに沿って共有できるもの。各書店の「購入」ボタンが付いているので、Facebookの「いいね」に刺激された人がすぐに買えるようになっている。RH以外の出版社のタイトルも含まれている。 … [Read more...]

HootSuiteがFacebookのマーケティング機能を強化

Webサービスでソーシャルメディア管理環境を提供する有力企業HootSuiteは、Facebookの投稿記事のターゲティングを支援する機能をダッシュボードに加えた。年齢・性別など人口統計的、地理的絞込みなどが可能となり、Facebookの情報発信機能を強化することができる。ソーシャルメディア・マーケティングは、ダイナミックで対話的なものであることが要求されるので、対象の選択(ターゲティング)が成否に影響する。 … [Read more...]

女性は男性より「ソーシャル」だから…

ハーパー・コリンズ系の恋愛小説専門出版社エイボン・ブックス(Avon Books)は10月16日、Avon Social ReaderというFacebookアプリの提供を始めたことを発表した。近刊本の抜粋(最大で全体の20%)を読み、内容について友人と語ることが出来るようにするもの。気に入ればそのままeコマースにリンクしてDRMフリー・コンテンツ購入することも可能。こうしたソーシャル・リーディング・アプリはアシェット社などが採用して広がる傾向にある。 … [Read more...]

HBGが近刊本の一部公開用Facebookアプリ

アシェット・ブック・グループ(HBG)は、Facebookを使って近刊本の中の一部の章をまるごと著者、出版社と共有することが出来るアプリThe ChapterShareをリリースし、10/11月に刊行予定のジェームズ・パターソンの作品("NYPD Red")とマイケル・コナリーの作品("The Black Box")のプロモーションを始めた。一部を読んで気に入れば、友人と共有したり、Facebookの中から予約することが出来る。SNSのバイラル効果を販促につなげようとする仕掛けだ。Facebookユーザーは“Like”ボタンでアクセスできる。 … [Read more...]

出版社向けFacebookマーケティング環境Odyl始動 (♥)

ソーシャルマーケティングのためのWebサービスを提供しているニューヨークのOdyl(オーディル)は9月13日、デジタルコンテンツに最適化したFacebookプラットフォームをリリースした。出版社や著者が、本(やアプリ)の抜粋、予告などを投稿し、読者の反応をチェックするメトリクス・ツールなども付いている。Odylはすでにアシェット、ハーパーコリンズ、マクミラン、ペンギン・グループ、ランダム・ハウス、サイモン&シュスターおよびエイヴォンなど大手各社を顧客に有している。[全文=♥会員] … [Read more...]

メタメディアへの道:FacebookをE-Bookに変える

優れたマルチメディア・ブックアプリ制作で知られてきたPush Pop Press (PPP)をFacebookが買収したことが明らかになった。PPPは「弊社の出版技術やこれまでに獲得したもの、立ち上げつつあったものすべてで、世界最大の本であるFacebookのデザインに協力する」と述べている。つまり、独立した制作・出版ビジネスではなく、Facebook自体の「出版」関連ビジネスに集中することになる。FacebookのE-Bookがどんなものとなるかに注目が集まっている。 … [Read more...]

Pages: 1 2

Scroll Up