バチカン図書館が収蔵写本8万点のデジタル化に着手

世界最古・最大の図書館の一つであるバチカン図書館は12月6日、NASAが開発したFITSという天文画像処理技術を使って、8万点に上る写本をスキャンする計画を明らかにした。歴史的写本の電子複写は何度も試みられてきたが、従来の方法では、すべての情報を精確に超高解像度で複写し、かつ原本に損傷を与えないこと、それを数万点の書物に対して行うことは困難だった。最新技術はこれをどう実現したのだろうか。 … [Read more...]

Scroll Up