Googleはなぜ書店との提携を止めたか? (♥)

Google eBooksは、書店との協力を謳い、2010年末から米国書店協会(ABA)とのパートナーシップによる独立系書店向けプログラムIndieCommerceを推進してきたが、4月6日これを2013年1月31日で終了することを表明した。販売促進につながらなかったので、Google Playストアに集中することを理由としているが、そもそも同社の姿勢に問題があったとする見方が強い。アマゾンの対抗馬として出版業界が期待して始まったサービスがなぜ消えるのか。Googleは本来何をすべきだったのかを考えてみたい。 [全文=♥会員] … [Read more...]

中小出版社と書店のE-Bookマーケティング

米国書籍商協会(ABA)がアンブライドルド・ブックス(Unbridled Books)と提携して行った、6月9-11日の3日間限定で25冊の書籍コンテンツ(Google eBooks)を各25セントで販売するプロモーションについて、ABAはこれが大成功だったと伝えている。このセールは、独自のプラットフォームを持たない独立系書店がE-Bookビジネスに参加できるかどうかを占うものとして注目されてきた。ABAはGoogle eBooksと提携することで書店が窓口を開設できるようにしたが、実際に一定数の顧客が購買を行う流れを確認する必要があったためである。 … [Read more...]

Scroll Up