Google Booksの再編でiRiver Story HD販売中止

Google Booksの端末として注目された韓国iRiver社のiRiver Story HDが、4月25日に生産中止を決めた。GoogleがBooksをGoogle Playストアに統合したことに伴い、有償・無償コンテンツのダウンロードが不可能になったためとされるが、Google Playプラットフォームに対応するファームウェアの更新が技術的に困難であったようだ(Good eReaderによる)。デジタルの世界はとにかく変化が早い。 … [Read more...]

iriver HDが初のGoogleリーダとして登場

GoogleのeBooksプラットフォームは、久しく書籍専用リーダを持たなかったが、7月17日、韓国iriver (アイリヴァー)社のStory HDが最初のGoogleリーダとして米国でリリースされることが、Googleの公式ブログで明らかになった。外形はKindle 3とよく似ており、タッチスクリーンでもないが、解像度は213ppi (768×1024)で、Kindle 3の167ppiを大きく上回る。通信はWi-Fiで、207gの軽量だが、ソーシャル機能などはない。価格は139ドル。6ヵ月間はターゲット・ストアから独占販売される。 … [Read more...]

iriverブランドの専用リーダをMCJが発売

PC通販のマウスコンピューター(=MCJグループ)は2月25日、韓国のiriverブランドの6型タッチスクリーン式電子書籍端末Cover Story Basicを発表。直販サイトなどで先行予約受付を開始し、4月1日より発売する。価格は1万9,800円。直販のほか、全国のパソコン専門店・家電量販店・小売店で順次発売される。ePUBをサポートする多国語リーダだが、今回発売のモデルでは「青空文庫」の文芸作品100作がプリインストールされている(日本語組版機能・品質は不明)。 … [Read more...]

Scroll Up