自主出版のISBN登録が緩やかに拡大

米国のISBN発行機関であるバウカー社は、ISBNに登録された印刷本とE-Bookの自主出版物の発行状況(2011-16年)に関するレポートを発表した。2016年の出版点数は、印刷本が前年比11%増(2015年は34%増)、E-Bookが3%減(2015年は11%減)となっている。同社はこれらの数字が自主出版市場の成熟を示すものと考えている。 … [Read more...]

ISBNに未来はあるか (♥)

Nielsen Bookは7月25日、ISBNを簡単に発行するサービス ISBN Storeを英国で立上げると発表した。影が薄くなりかけているISBNを使いやすくしようというものだが、現状を考えると「10年遅い」し、印刷本に最適化されたISBNの再設計という課題への取組みが見えていないのが問題だろう。[全文=♥会員] … [Read more...]

米国自主出版市場は17%増

2008年以降の米国における自主出版の動向をISBN登録ベースで継続的にフォローしているバウカー社は10月8日、2013年の自主出版タイトルが対前年比17%近い増加を見せたことを発表した。興味深いことに、増加要因はE-Book(-1.6%)ではなく印刷本(+29%)であったというのが興味深いところだ。バウカー社はビジネスとしての成熟と説明している。 … [Read more...]

米国で自主出版40万点、ISBNの40%

昨年1年間に、ISBNコードが自主出版物に発行された件数が、39万1,000点に達することが10月9日、米国の管理会社であるバウカー社の調査で明らかになった(→リリース)。前年の2011年から6割近く(59%)増えており、ISBN申請数に占める比率も40%あまりで、E-Book以前の2007年と比べると5倍以上と、一気に存在感を高めた。すでに出版産業の一翼を担っている。 … [Read more...]

ISBN=国際標準図書番号はどこへ行くか

世界的に通用する本のIDはISBNというものがあり、氏素性を明らかにすることから商業出版物では必須とされてきた。この認証番号がないと扱わないストアも少なくない。しかしこのシステムが大いに揺らいでいる。デジタル時代になって出版者の数、出版物の数と形態が大きく様変わりし、これまで書店と図書館だけだったユーザーも変わってきたからだ。そもそも本のアイデンティティが揺らいでいる。 … [Read more...]

バウカーのワンストップ変換サービスの裏側 (♥)

世界最大の文献情報サービス企業であるバウカー社は、出版用ドキュメントの変換/保管サービスを提供するData Conversion Laboratory (DCL)と提携して、小規模出版社や自主出版を行う著作者を対象とした出版ソリューション、Bowker eBook Conversion ServicesをニューヨークのTOCで発表し、2月から提供開始した。米国のISBN発行機関としてのバウカーが力を入れている、小出版者向けのワンストップ・ソリューションの一環。しかしそこにはデジタル化の進行による出版インフラの地殻変動が反映されている。 [全文=♥会員] … [Read more...]

バウカー+Vookが自主出版支援ビジネスで提携

世界最大の文献情報サービスを提供するバウカー社は、デジタル出版サービスのVookと提携して、ISBN取得サイトMyIdentifiers.comを使った自主出版支援サービスを展開する。同サイトを使う著者は、Vookの制作・流通ツールでISBNとメタデータ・サービスを利用し、アマゾン、B&N、アップルを含むオンライン・サイトで販売することが出来る。増大する自主出版によるサービス需要に応えるもの。とくにメタデータ・サービスが新たなプラットフォームとして浮上していることが注目される。 … [Read more...]

バウカー/インペルシスが小出版向けIDソリューション

電子出版ソリューション iPublishCentralを提供しているインペルシス社(Impelsys)は10月23日、書誌情報サービスのバウカー社と提携して、PDFないしEPUBファイルからAndroid互換アプリを生成する“Book as an Android App”を著者や、年間出版点数が10点以下の小出版社向けに開発し、バウカーの専用サイト MyIdentifiers での対応を開始したことを発表した。開発したアプリは、Google PlayとAmazon's Appstoreで販売できる。これまで中堅以上の出版社を市場としてきた両社の新たな動きといえる。 … [Read more...]

米国BISGがE-BookのISBN指定の指針

米国の出版業界のシンクタンクであるBook Industry Study Groupは、E-BookのISBN指定に関して生じている混乱を解決するため、1年半に及ぶ成果をベストプラクティス(推奨手順)としてまとめ、Policy Statement (指針)として公表した。これは北米の標準化機関や出版関連団体の推薦を受けており、2012年3月までに出版社に採用されることが期待されている。 … [Read more...]

Scroll Up