米国の学校でデジタル教材導入が進む

電子図書館サービスのOverDriveは、米国の学校教育におけるデジタル化の現状についての最新の調査結果を発表した。全米の学校および学区の教育責任者2,000人以上を対象としたもので、K-12レベルの教育コースでのデジタル化とデジタルコンテンツの普及傾向を示している。課題はありながらも導入は着実に進んでいるようだ。 … [Read more...]

米国の教育者は学校のE-Book普及を予想

米国の公立学校では昨年、記録的となる1,000万台のコンピュータ、タブレットを導入した。地域の教育責任者は図書・教材のデジタル転換を加速し、学校図書館のE-Book導入はこの2年で急速に進む、という調査が発表された。テクノロジーに関して最も保守的(慎重)な公教育の場でのデジタル化は、社会的影響も大きいと見られる。 … [Read more...]

米国ユタ州の公立学校が無償電子教科書を導入へ

米国ユタ州の教育庁(Utah Office of Education, USOE)は1月末、公立学校におけるオープンソースの電子教科書導入に向けたプログラムを推進していくと発表した(→pdfリリース)。対象は科学、数学および英語。カリフォルニア州、ワシントン州などに続くもので、財政難への対応と教育の効果・効率向上の両面から全米各州で無償電子教科書(open textbook)の導入が加速すると見られる。オープンテキストは、伝統的な教科書出版/教育出版市場を変えようとしている。 … [Read more...]

Scroll Up